top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳


僕は罰せられた。それは、彼は僕のフラトゥを後にした時、まるでパイルが僕に確信が持てない何週もの判決を下してしまったかのようだった。僕が家に戻ったどんな時も、災難の予感と共にあった。時にフオンはそこにいる事もなく、僕は、彼女が帰るまでどんな仕事でもしてしまう事、それを不可能と気付いた、何故なら僕は、彼女は果たして帰るのかしらと思っていたから。僕は彼女がどこにいたか彼女に尋ねようとする(僕の声の外に心配や疑いを置こうと努めながら)、また時に彼女は市場或いは店と答えるに決まっているのに彼女の証拠の断片を製作し(確かめようとする彼女の意欲さえ、彼女の話は終いに不自然に思えた)、また時にはそれはシネマだった、彼女のティッキトゥの切れ端がそれを証明するためにそこにあり、時々それは彼女の姉妹のものだったりしたーそれは、彼女がパイルと会ったと僕が思い込む場所だったりもした。あの頃、残忍にも僕は彼女への愛情を装った、まるで僕が彼女を嫌悪するかのように、ところが僕が嫌になったのはその行く末だった。寂寞が僕のベドゥに横たわり、僕は夜には僕の両腕の中に寂寞を抱き寄せた。彼女は変わらなかった;彼女は僕のために料理をした、彼女は僕のパイプを整えた、彼女は優しく、甘美に僕の快楽用の彼女の体の外に横たわった(しかしそれはもはや快楽ではなかった)、そうしてちょうどあの初めの頃のように、僕は彼女の心が欲しくなった、今僕は彼女の思いを読みたかった、しかしそれは僕が話す筈もなかった言葉の中に仕舞い込まれていた。

238

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

僕の5期目の年に僕は6学年に達しハウス係になった。そこにいたのは僕達6名。彼らの中の一人、ジャック・ヤング、ハウス競技会のカプタン(キャプテン)、気さくで、大らかな奴、は或る日言った:「ここを見て、グレイヴズ、僕はハウス間バクシング(ボクシング)試合に参加者のリストゥに記載して送らなければならない。僕は君の名前を書き留めてもいい?」僕のレイマンドゥとの絶交以来バクシングはその関心を薄れさせていた;

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page