top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American/Graham Greene 成田悦子訳


 「睡眠なし。」

 「タマス、貴方がこの全てを受け入れた分けを僕がどう思うか僕は貴方に知って欲しいー僕は貴方は凄い、凄いと思います。そこにそのための他のどんな言葉もない。」

 「ありがとう。」

 「貴方は僕が経験するより世界の事をずっと多く見て来た。ご存知の通り、様々な理由でボストンはちょっとー痙攣を起こしている。喩え貴方がロウエルかカボトゥでなくても。僕は貴方が忠告して下さったらと思います、タマス。」

 「何の事を?」

 「フオン。」

 「もし僕が君だったら僕は僕の戒めを信じようとはしない。僕は台なしにする。僕は彼女を自分のものにして置きたい。」

 「オウ、しかし貴方は率直だ、全く率直だ、僕は分かっています、そして僕達は揃って彼女に関心を持っている。」

 突然、僕は彼の少年らしさにもう耐えられなくなった。僕は言った、「僕は彼女の関心のために、それを惹こうとは思わない。君は彼女の関心を得られる。僕は彼女の体が欲しい。僕は僕と一緒のベドゥの中で彼女を求める。僕は寧ろ彼女を消滅させ、それに彼女と一緒に眠りたい・・・彼女の破滅的関心を求めるより、より・・・」

93

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「君は楽しめばいいよ。グランガがそこにいる。彼らは格別なグランガの夜を宣伝すべきだ。背後のノイズを好むそれらのために。」 僕はいい夜をと彼に言い、隣のドアの映画館に入ったーエロウル、或いはそれはタイロウン・パウアだったかも知れない(僕にはきちんと彼らを区別する方法が分からない)ロウプに掴まって揺らし、バルカニ(バルコニー)から跳び、テクニカラの夜明けにラバに乗った。彼は少女を救出し彼の敵を殺し、人

僕は、妙な疲れを感じた、出て行く彼と彼の犬の足のべたべた歩く音に耳を傾けながら。 Ⅲ 僕が外に出た時、ディ′’オーメイ通りよリ近く、そこには輪タク運転手は全くいなかった。僕はマジェスティクへと歩いて下り、アメリカン爆撃機の荷降ろしを見ながら暫く立ち止まった。太陽は去り、そして彼らは円弧‐ラムプの明かり働いた。僕はアラバイ(アリバイ)を作ろうという気もまるでなかった、しかし僕はマジェスティク行くよと

「あれはそのつもりではなかった。僕はただその事で長い夕方にすれば今夜はそりゃあ面白くなるだろうとは思いました。」 彼は身振りをして彼のグラスをひっくり返した、それは床の上で粉々に砕けた。「幸運を、」彼は機械的に言った。「僕は申し訳なく思います、タマス。」僕は、欠片を拾い上げ、それを灰皿の中に詰め込み始めた。「それについて何か、タマス?」粉々に砕けたグラスは、パヴィリアン‐バーでその中身を滴らせてい

記事: Blog2_Post
bottom of page