top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American/Graham Greene 成田悦子訳

更新日:2023年2月22日

 「オウ、僕は覚えていると僕は思う。背景の崩れ落ちそうな崖と前景の金色に縁取られた眼鏡。」

 「それが彼だ。僕は故国に電報を打とうとした。そりゃあ怖かった。僕は、彼は我が息子だというほどあの青年を愛した。」

 「それが貴方を彼の父親と親密に関わらせる。」

 彼は彼の濡れた茶色の目を僕に向けた。彼は言った、「君は何を手に入れようとしているの?それは立派な若い仲間が・・・時の話し方ではない。」

 「僕が悪かった、」僕は言った。「死は様々な様々な方法で人をがんじがらめにする。」おそらく彼は本当に彼を愛して来た。「貴方は貴方の電報でどんなことを言ったの?」僕は尋ねた。

 彼は真面目に、額面通りに返事をした、「『貴方のご子息が民主主義という根拠の下で軍人の最期を全うされた事を報告するのは悲しみに耐えません。』公司はそれにサインした。」

 「軍人の死、」僕は言った。「それは少し混乱している事を証明する可能性はないの?つまり故国の国民に対して。経済援助使節団が軍隊のように響く。貴方はパープル・ハーツ章を手に入れるの?」

 彼は低い声で、あいまいさを伴いながら緊張して言った、「彼は特殊任務を抱えていた。」

 「オウそう、僕たちは皆そう推測していた。」

 「彼は話さなかったんだね?」

 「オウいや、」僕は言った、そしてヴィゴの言葉が僕に甦った。「彼は実に静かなアメリカ人だった。」

 「君は少し勘が働いたの、」彼は尋ねた、「どうして彼らは彼を殺した?そして誰が?」

41

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんないかがわしい瓶にも彼女はとりあえずレイベル(ラベル)を貼り直そうとする:「これはアルフレドゥの古い腱膜瘤の膏薬」或いは:「ストウリクナイン(ストリキニーネ)疑問符?」猩紅熱とかとてつもない咳用に処方された特別な薬まで保存してあった、再感染の場合には、精力的なレイベル(ラベル)貼り、彼女は僕の学校の賞品の一つに書き込んだ;「ラバトゥ・ランカ・グレイヴズはその学期の学業と二度目の試験で彼のクラス

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

できるだけ多く戦争の話題を遠ざけた;神が戦争を許すということ、それはどのように説明すべきか、それが難しいとよくよく承知しつつ。ボーア戦争は僕の子供時代の初めを曇らせた:フィリプ、僕の兄、(彼は自分のことをフェニアンと呼んだ)、また自らをプロウ(支援)‐ボーアとも呼び、彼と父との間の朝食‐テイブルでの大変な緊張を僕は覚えている、彼の政治的な見解は決して極端ではなかった。 ウイムブルダンの家の最終的な

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

それらは僕がワーズワースの友人として触れたことがある僕の同名の人によって僕の父に遺言で残された古風な学者の蔵書から成っていた、しかし彼はフェリシア・へマンズと遥かに思いやりのある友情を交わした;これに僕の父自身の本の所蔵を加えられた、アングロ・アイリシュ文学のための特別な戸棚の中はほとんど詩;僕の母によって寄贈された祈りの著書;教育の本は内閣の学校でそれらを使うことを勧めたいという願いで出版社によ

bottom of page