top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 「僕は彼を責めない。」僕は言った。「彼にはちょっとした祝い事があったんだ。彼の息子が危険を脱した。僕は、今日カンチネンタルで聞いた。僕も幸せな終わり方が好きだね。」

 僕が2服目を吸った後、僕は皮の枕に僕の首と一緒に背中を当て、フオンの膝の中で僕の手を休めた。「貴女は幸せなの?」

 「もちろん、」彼女はぞんざいに言った。僕には、もっと熟慮した答えを貰える価値はなかった。

 「それでは、それが何時もそうだったかのようだ、」僕は嘘を吐いた、「1年前。」

 「貴女は長い間スカーフを買わなかった。どうして明日買い物に行かないの?」

 「それは祝日だからだわ。」

 「オウそうだ、当たり前だ。僕は忘れていた。」

 「貴方は貴方の電報を開けなかったのね。」フオンが言った。

 「いや、僕はそれも忘れてた。僕は、今夜、仕事の事を考えたくなかった。それにそれは今頃何かを閉じ込んで整理するには遅過ぎる。僕にもっと映画の事を話して。」

 「そうね、彼女の愛人は毒から彼女を救おうとしたのよ。彼は少年の服と、刑務所の看守が被る物のような男の帽子で密入国した、しかし彼女がゲイトゥを通ろうとした時、彼女の髪はすっかり下に落ちて、彼らは大声で叫んだ『貴族、貴族。』私はあれは話の欠陥だったと思うわ。彼らは彼女を逃亡させるべきだった。その時は、彼らは揃って彼の歌で大金を作り、彼らはアメリカへと膿を突き進んだでしょうにーそれかイングランドゥへ。」何か彼女が狡猾だと思った事を言い添えた。

 「僕は電報を読んだ方がいいね、」僕は言った。「僕は明日北へ行く必要がないようにと僕は神に望む。僕は貴女とじっとしていたい。」

 「彼女はクリームの容器の間から封筒を取り出し、それを僕に渡した。僕はそれを開け、読んだ:「貴方の手紙越しに繰り返し終わりを考えた貴方が終わりを望むので(私は)無分別に振る舞う事にする(二人の)基盤放棄終わり私の弁護士に離婚訴訟手続きを始めると話した神が貴方を祝福しますように愛情を込めてヘレン。」

 「貴方は行くしかない?」

 「いや、」僕は言った、「僕が行くまでもない。僕が貴方にこれを読もう。ここに貴女幸せな終わりがある。」

 彼女はベドゥから跳んだ。「でもそれは素敵だわ。私は行って私の姉妹に話さなきゃ。彼女はかなり満足でしょう。私は彼女に言うつもり。『貴女は私が誰か知ってる?私は二番目のファウレール夫人よ。』」

 本箱の僕の向こう側にThe Role of the Westが飾り戸棚の肖像画のように飛び出していたー角刈りで彼の踵(かかと)に黒い犬を連れた青年の。彼は、誰にも何かもっと危害を加える事はできない。僕はフオンに言った、「貴女はひどく彼を欠くのか?」

 「誰が?」

 「パイル。」今でさえ彼女にとっても奇妙だ、彼のファーストゥ・ネイムを使うのは、それは不可能だった。

 「私は行ってもいいかしら、ねえ?」私の姉妹はとても興奮するわ。」

 「貴方は彼の名前を貴方の眠りの中で一度口にした事がある。」

 「私は一度も私の夢を思い出したりしないわ。」

 「そこには貴女が共に為し得た随分たくさんの事があった。彼は若かったんだ。」

 「貴方は年を取ってはいない。」

 「摩天楼。エムパイア・ステイトゥ・ビルディング。」

 彼女は僅かに躊躇って言った。「チェダ峡谷を見たいの。」

 「あれはグランドゥ・キャニアンじゃない。」僕はベドゥから彼女を引きずり下ろした。

 「僕は許されないね、フオン。」

 「何のために貴方は許されないの?これはびっくりするほどの電報よ。私の姉妹・・・」

 「いいよ、行って貴方の姉妹に話しなさい。まず僕にキスして。」彼女の興奮した口は僕の顔の上でスケイトゥをした、そして彼女は行った。

 僕は初めての日の事とカンチネンタルで道の向こうのソウダ水売り場にその目を遣りながら僕の側に座っているパイルの事を思った。彼が死んでしまってから全ての事が僕を伴ってたちまちの内に行ってしまった、僕は許されないと僕が言える誰かがそこにいてくれたらとどれほど願った事だろう。

 

 March1952ーJune1955

300


今日で終わりです。

邦題を付けるとしたら「冷静じゃない・・人」

この題はイギリスのアメリカへの皮肉を込めた題名かも知れません。


次は1月10日から1年以上かけて翻訳します。

「成田悦子の翻訳テキストとちょっとしたこと」というサイトを作りました。

翻訳に関する私の考え方、具体的な翻訳手法などを書いて行きます。

お正月過ぎまで休みますが、下記アドレスサイト「成田悦子の翻訳テキストとちょっとしたこと」は更新するつもりでいます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page