top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

更新日:2023年12月14日

 「それが昨夜、彼の誕生日だ。彼は僕達の時刻10時半で8歳だ。だから僕が知る前にシャンペイン付きのパーティを用意したんだ。僕は誰かに話したかった、ファウラ、とはいえ僕はこんなカエル野郎ども(フランス人)にははなせないよ。」

 「彼らは、今日ではポウリオウ(ポリオ)のためにいろいろできる。」

 「もし手足が不自由になったら、僕は心変わりはしない。ファウラ。彼が生きていればしない。僕を、僕が障害者になってもいい事は全くない。君は、その嫌な奴らが歌っている間、そんなところで僕が何をしていたか、君に分かる?僕は祈っていた。僕は、ことによると神が命を欲したのなら、彼は奪う事ができる。と思った。」

 「君は神を信じるの、そんな時?」

 「僕はそうしたい。」グランガは言った。彼は彼の頭が痛いかのように彼の顔を横切って彼の手全部を回した、しかしその動作は彼が涙を拭い去るという事実を偽るつもりだった。

 「もし僕が君だったら酔っぱらってしまうだろう。」僕は言った。

 「オウ、いや、僕は素面(しらふ)のままでいようとした。僕の可愛い子が死ぬ夜、僕は酔い潰れて悪臭を放っていたんだと僕は思いたくない。僕の妻は飲めない、彼女はそうできるか?」

 「君の新聞に話せないか・・・」

 「コナリは実際は病気ではない。彼はシンガポー(シンガポール)でちょっとした尾行の後、途絶えてしまった。僕が彼の代わりをするようになった。彼は、もし彼らが知ったら解雇されるだろう。」彼は不格好な体を1ケ所に集めた。「すまない、僕は君を引き留めてしまった、ファウラ。僕は何とかして誰かに話すしかなかった。。中に入って祝杯を上げよう。可笑しいな、それがたまたま君で、君は僕の勇ましさが気に食わない。」

 「僕は君のために君のストーリに力を貸すよ。僕はそれがコナリであるかのように振舞える。」

 「君はアクセントゥをちゃんと直そうとしない。」

 「僕は君を好ましいとは思わない、グランガ。僕は多くの事に目が行き届かなかった・・・」

 「オウ、君と僕、僕達は猫と犬だ。しかし心遣いには感謝する。」

 僕はパイルとは随分違ってるのかな?僕もまた僕が痛みを知る前に人生の窮地に僕の足を突っ込んではいけなかったのか?グランガは中に入り、僕は彼を迎えるために声が上がるのが聞き取れた。僕は輪タクを探して家へとペダルを漕いで貰って向かった。そこには、辺りに誰もいなかった。、そして僕は座り、真夜中まで待った。通りへと期待もせず下りた、するとそこにフォンを、見付けた。

298

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼が僕に統治権を渡した時、先ずは2年の任期、僕は彼に感謝していると便りを出した、僕はついにサミュエル・バトゥラのNote Books、The Way of All freshと2冊のErewhonを購入できた。これは彼を憤慨させてしまった、ヴィクトーリア時代の人物として。 レクサムの任務に対する他のほとんどの志願者らは最近サンドゥハーストゥ(陸軍士官学校)の王立陸軍大学への合格に失敗した男子生徒ら

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Комментарии

Оценка: 0 из 5 звезд.
Еще нет оценок

Добавить рейтинг
bottom of page