top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 「どうしてそうなの?」

 「あそこにはそれに君がいる。」彼は僕のアクセントゥを少し馬鹿にしようとした。

 「君はまるで同性愛の男(プーフ)のように話す。君は随分忌々しい先輩だ。君は何でも知っている君は思っている。」

 「いい夜を、グランガ。」

 「僕は予約が入った。」

 「行かないでくれ、ファウラ。君ℍじゃ思い遣りを持った事はないのか?僕はあんなカエル達(フランス人)に口も利けない。」

 「君は酔っ払ってる。」

 「僕は二杯シャムペインを飲んだ、それで全部。」だったら僕の立場で君は酔いはしないか?僕は北へ行く予定だった。」

 「それに何か不都合でもあるのか?」

 「オウ、僕は君に話していなかった、僕はそうだった?僕はみんな知っていると思い込んでいる。僕は僕の妻から今朝電報を貰った。」

 「そう?」

 「僕の息子がポウリオウ(ポリオ)を貰った。彼はよくない。」

 「僕は申し訳ない。」

 「君がそうなる必要はない。それは君の子供じゃない。。」

 「君は故国に飛べないの?」

 「僕はできない。彼らは幾つもの地に落ちたハノイ近辺の一手に引き受けている作戦に関する記事を欲しがっているのに、コナリは病気だ。」(コナリは彼のアシスタントゥだった)

 「僕は残念だ、グランガ、僕がたすけられたらなあ。」

297

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Yorumlar

5 üzerinden 0 yıldız
Henüz hiç puanlama yok

Puanlama ekleyin
bottom of page