top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 「君は楽しめばいいよ。グランガがそこにいる。彼らは格別なグランガの夜を宣伝すべきだ。背後のノイズを好むそれらのために。」

 僕はいい夜をと彼に言い、隣のドアの映画館に入ったーエロウル、或いはそれはタイロウン・パウアだったかも知れない(僕にはきちんと彼らを区別する方法が分からない)ロウプに掴まって揺らし、バルカニ(バルコニー)から跳び、テクニカラの夜明けにラバに乗った。彼は少女を救出し彼の敵を殺し、人も羨む人生を送った。それはどういうものが少年向けのフィルムと呼ぶのかだった、しかしスィーブズの宮殿から彼の血まみれの眼球を持って現れるエダパス(オイディプス)の光景は確かに今日では命というものの適切な教育を提供するだろう。どんな命も魔法をかけられてはいない。ファトゥ・ディエムでは運はパイルと共にあり、、テニインからの路上で、しかし運は続かず、彼らは魔力など働かないという事を思い知るのに2時間かかった。フレンチ兵士は女の膝の中に彼の手を入れたまま僕の側に座った。が僕は彼の幸せか或いは彼の悲惨かその単純さが羨ましかった、それがどちらであっても。映画が終わる前に僕は席を立ち、ヴィウ・ムランへと輪タクを拾った。

 そのレスタラントゥは手投げ弾に備えて鉄状網を張り巡らせてあり、二人の武装した警官が橋の突き当たりで任務に当たっていた。ペイトゥラン(パトロン)、彼は贅沢なバルガンディアン(ブルゴーニュの住民)料理を身につけて太っていた。僕を自ら鉄条網を通り抜けさせた。その場所はどんよりした夕方の暑さで肥育鶏や溶けるバターの臭いがする。

 貴方はM Granjairのパーティに加わるのですか?」彼は僕に尋ねた。 

 「いや。」

 「一人用のテイブルを?」それはその時が初めてだった、僕は、この先僕が答えるしかない尋問の事を思った。「一人用を、」僕は言った、それは殆んどパイルが死んだと大声で言ってしまったかのようだった。

 「そこにはたった一つだけ部屋があり、グランガのパーティが後ろでで大きなテイブルを占有していた;ペイトゥラン(パトロン)は、鉄条網に最も近い小さなそれを僕に提供した。そこに窓ガラスはなかった、割れたがグラス(ガラス)の心配に備えて。僕は、グランガがもてなしていた数人に見覚えがあった、そこで僕は、僕が腰を下ろす前に彼らに頭を下げた:グランガ自身はどこかを見ていた。僕は何ヶ月も彼に会っていなかったーパイルが恋に落ちた夜以来で一度っきり。

292

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page