top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

僕は、妙な疲れを感じた、出て行く彼と彼の犬の足のべたべた歩く音に耳を傾けながら。



僕が外に出た時、ディ′’オーメイ通りよリ近く、そこには輪タク運転手は全くいなかった。僕はマジェスティクへと歩いて下り、アメリカン爆撃機の荷降ろしを見ながら暫く立ち止まった。太陽は去り、そして彼らは円弧‐ラムプの明かり働いた。僕はアラバイ(アリバイ)を作ろうという気もまるでなかった、しかし僕はマジェスティク行くよとパイルに話したものの、僕は必要とされる以上にさらに嘘を重ねる事についての不合理な嫌悪を感じた。

 「今晩は、」

 「足はどうなの?」

 「今は何ともないよ。」

 「いい話の現場を手に入れたって?」

 「僕はそれをドミンゲスに取って置いた。

 「オウ、みんなは君がそこにいたと僕に話したよ。」

 「そう、僕はいた。だがこの頃スペイスがきちきちなんだ。彼らは多くを求めたがらない。」

 「スパイスが皿から出た、そうじゃなかった?」ウイルキンスは言った。「僕達はラッセルや昔のタイムズの頃に生きるべきだった。気球で急送せよ。人はその時書いているちょっとした空想を行動に移そうとする時があった。なぜ、彼はこれから欄を考案した。豪奢なホテル、爆撃機、夜間降下。夜間は近頃降下しない、それを請け負う、一言で随分たくさんのピアストゥルで。」空の遥か上から笑うものの騒音をかすかに君は聞き取れた:誰かが、パイルがしたようにガラスを割った。その音はつららのように僕達の上に落ちた。「『ラムプは白皙の女達と勇ましい男達の上に輝いた』」ウィルキンスは悪意を持って引用した。「何か今夜する事は、ファウラ?夕食の場所をどうする?」

 「僕は、それはあるから夕食をとる事にしている。ヴィウ・ムランで。」

291

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page