top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

嘗て僕達が馬鹿な事を言いふらしていた時・・・」彼はまた解き放たれた。僕は窓に戻った。

輪タク運転手は向こう側で待っていた。僕は確かではなかったー彼らはかなり似通って見えたが、彼らは別人だと思った。おそらく彼は実際客を取った。パイルは大使館で最も安全になるだろうという事、それが我が身に振りかかった。彼らはその計画を配置しなければならなかった、僕の合図に始まって、夕方もかなり遅くに備えて:ダカウ橋を巻き込む何事か。僕は、何故もどうしたらも分かるはずがなかった:きっと彼は、日没後、ダカウを通って運転するほどのそんな馬鹿ではないだろうし、橋の僕達の側は、何時も武装した警官によって守られていた。

僕はすっかりお喋りをしています、」パイルは言った。「僕にはこれはどうした事か分かりませんが、この夕べはどうしたわけか・・・」

 「続けるといい、」僕は言った、「僕はゆったりした気分でいる、それはまるで。多分僕達は夕食をキャンセルした方がいい。」

 「だめ、そんな事はしない。僕は貴方から止(と)めると思っていました、に始まって・・・十分・・・」

 「君が僕の命を救ってから、」僕は言い、僕の自ら招いた怪我の辛さはごまかせなかった。

 「いいえ僕はそんな事は言っていません。全く同様に僕達がどれだけ話したか、僕達はそうしませんでしたか、あの夜?それが僕達の最後になろうとしているかのようでした。僕は貴方に多くを学んだ、タマス。僕は貴方と同じ意見ではない、心がけています、が貴方にとっては、多分それは正しいかも知れないー巻き込まれない事は。貴女はそれを全く申し分なく続け通した、貴方の足が粉々に砕かれた後でさえ、貴方は中立のままだ。」

 「そこには何時も変化のポイントゥがある、僕は言った。「感情の或る瞬間が・・・」

 「貴方はそれに未だ達していなかった。僕は貴方が何時かそうするかどうか疑う。そして僕はどちらにも変わりそうもないー死にでもしなければ、彼は楽し気に付け足した。

288

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page