top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 「彼は19世紀の成人向けの詩人だった。その頃にはそういう人があまり多くはいなかった。」僕は再び通りの中を見下ろした。輪タク運転手は移動して消えた。

 「貴方は酒を切らしたんですか?」パイルが尋ねた。

 「いや。しかし君は飲まないと思って・・・」

 「多分、僕はすっかり弛み始めています、」パイルが言った。「貴方の影響。僕は、貴方は願ったり適ったりだと思っています、タマス。」

 僕はボトゥルとグラスを取って来たー僕は初めの段階でその内の一つを忘れたので僕は水のために引き返さなければならなかった。僕がその夕方した事は何事につけても手間取った。彼は言った、「貴方も知っての事ですが、僕は素晴らしい家族を頂いたところです。しかし多分、彼らは厳格な側に立ったままです。僕達はチェストゥナトゥ通りにそうした古い家の一つを持っています、貴方が右手の側の丘を登ると。僕の母はグラスを集めています、そして僕の父はー彼は彼の年代物の崖を侵食はいませんー彼にできるダーウインの草稿や協会‐原稿全てを整頓します。貴方は、彼らは過去に生きていると見ます。多分それは、ヨークが僕の上にこんな印象を築き上げた理由です。彼は、現在の状況への開口部のように思えました。僕の父は孤立主義者です。」

 「おそらく僕は君のお父さんが好きだよ。」僕は言った。「僕だって孤立主義者だもの。」

 冷静な男パイルにとって、あの夜は話していたい気分だった。僕は彼が口にした全てを聞きはしなかった、僕の心は何処か他の所にあったから。僕は、ヘンさんがしようとしたおおざっぱで明白なものでなくても、彼の裁量で他の手段を取ると自分を説得しようとした。このような戦争では、僕は分かった、そこに憎悪するほどの時間は全くない。人は所有するために武器を使うーフレンチ(フランス人)はナパーム弾を、ヘンさんは

銃弾かナイフを。僕は、僕が判事になるように仕向けられてもあまりにも遅過ぎると自分に話したー僕はしばらくの間パイルに話させようとしたが、僕は彼に警告するつもりでいた。彼は僕の家でその夜を過ごす事もできた。彼らは、そこにいてまず中断するつもりはないだろう。彼は、彼が所有した事がある老いた看護婦について話したいと僕は思うー「彼女は本当に僕の母よりずっと僕には意味がありました、そして彼女が作るのは何時もブルーベリ・パイ!」

何時僕は彼を止めたらいい。「君は今も銃を持ち歩いているのーあの夜以来?」

 「いいえ。僕達には大使館内の命令があります・・・」

 「しかし君は特殊任務に就いている?」

 「それはどんな利益も齎しはしないーもし彼らが僕を連れて行きたければ、彼らには何時でもそうできました。とにかく僕はクー(オオバン)のように目が見えない。大学で皆は僕をバトゥ(コウモリ)と呼んだーつまり、僕は、暗闇で奴らがそうできるように十分見えたのです。

287

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page