top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

僕達の論争のどちらにも、そこには非現実性があった。僕は僕の潮時以前にリーダ‐ライタになっていた。僕は起きて本棚に向かった。

 「貴方は何位を探していますか、タマス?」

 「オウ、僕が常々好んで来たその一節を。君は僕と夕食をとる事はできるの、パイル?」

 「僕はそうしたい、タマス。貴方がもう狂気染みなければとても嬉しい。」

 「君は本当にそれを信じるの、パイル?」

 「どうして、彼女はそこにある最も大切なものです。そして貴方にとっても、タマス。」

 「僕にとっては違う、もうとっくに。」

 「それは有り得ないほどのショックでした、今日は、タマス、しかし一週間で貴方にも分かるでしょう、簿記ウたちはそれを忘れるでしょう。僕達はその関係者もまた面倒を見ています。」

 「僕達?」

 「僕達はワシンタン(ワシントン)に電報を打ちました。僕達は僕達の基金の幾らかを使うために許可を得ます。」

 僕は彼を止めた。「ヴィウ・ムラン?9時と9時30分の間に?」

 「どこにでも貴方の望む所なら、タマス。」僕はその窓に向かった。陽は屋根々の下に沈んでしまった。輪タク運転手はなおも彼の乗客を待った。僕は彼を見下ろした、するとすると彼は僕の方に顔を持ち上げた。

 「貴方は誰かを待っているんですか、タマス?」

 「いや。ここに僕が探していた一編があった。」僕の素行を覆い隠すために僕は読んだ、残照にその本をかざしながら:


 「僕は通りを車で突っ走っても僕は全く気にならない、

 人々、彼らは見つめ、彼らは僕は誰かと尋ねる;

 そしてもし僕が偶然ごろつきを撥ねてしまえば、

 僕は被害の代償は払ってもいい、もし何時かひどく悪くなれば

 お金を持つのはそりゃあとても嬉しい、ヘイ・ホウ!

 お金を持つのはそりゃあ嬉しい。」


 「それは詩の中でも怪しい類だ、」パイルは反対のメモを持って言った。

286

  

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page