top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

多分、彼は店に入った客を待っていた。これは輪タクの駐輪場ではなかった。僕が僕の時計を見た時、10分を少し超えて待っていたと見るとしたらそれは妙だった、そして、パイルがノックした。僕は彼の足音を聞いてさえいなかった。

 「入りなさい。」しかし何時ものように先に入るのは、それはその犬だった。

 「貴方のメモを受取って、僕は嬉しかった、タマス。今朝、僕は、僕に発狂した。」

 「おおかた、僕はそうだった。あれは心地良い光景ではなかった。」

 「貴方は今はそんなに分かってくれる、貴方にもう少し話すにしても、それで傷付けるつもりはありません。僕は今日の午後、テを見ました。」

 「彼を見た?彼はサイゴンにいるの?僕は、彼はどれだけ彼の爆弾が機能したか見に来たと思う。」

 「それは内密にです、タマス。僕は彼とほんの数えられるほど取引きしました。」彼は、彼の訓練をさぼっている彼の若者達の一人を見付けたスクール・ティームのカプタン(キャプテン)のように話した。全く同様に僕は、一縷(いちる)の望み

を持って彼に尋ねた、「君は彼を向こう側に放り投げたのか?」

 「僕は、もし彼が他にも制御不能の示威行為をしたら、僕達はもう彼と一緒に行動する事はないだろうと彼に話しました。」

 「しかし君はすでに彼には用がなくなったんじゃないの、パイル?」僕は、僕の踝(くるぶし)の周りの臭いを嗅いでいる

彼の犬を苛々して突いた。

 「僕にはできない。(座って、デューク。)長い行程にあって、彼は我々が持つ唯一の希望です。もし彼が我々の援助で力を発揮したら、僕達は彼に頼れます・・・」

 「君が分かる前に何人の人々が死ななきゃならない・・・?」しかし僕は、それは望みない論争だとは言えなかった。

 「分かる、何を、タマス?」

 「政治に、そこに、感謝、そんなものは全くないというという事を。」

 「少なくとも彼らは僕達を憎もうとしない、彼らがフレンチ(フランス人)を憎むようには。」

 「君は確信しているの?時に僕達は僕達の敵に対して或る種の愛情を持ち、僕達の友達に対して嫌悪を感じる。」

 「貴方はイウアラピアン(ヨーロッパ人)らしく語る、タマス。ここの人々は複雑ではありません。」

 「それは君が2、3ヶ月で習う事なの、パイル?君は次に彼らを子供っぽいと言うだろう。」

 「そんな一方的に。」

 「僕に複雑ではない子供を見付けて来てほしい、パイル。僕達が若い時、僕達は複雑さのジャングルにいる。僕達はより年を取るに連れ、単純化する。」しかし彼に話すにしても、それはふさわしい事だったか?

285

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼が僕に統治権を渡した時、先ずは2年の任期、僕は彼に感謝していると便りを出した、僕はついにサミュエル・バトゥラのNote Books、The Way of All freshと2冊のErewhonを購入できた。これは彼を憤慨させてしまった、ヴィクトーリア時代の人物として。 レクサムの任務に対する他のほとんどの志願者らは最近サンドゥハーストゥ(陸軍士官学校)の王立陸軍大学への合格に失敗した男子生徒ら

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page