top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳



僕はパイルに来るようにと依頼するメモを公使館に残して置いた、それから僕は飲酒のためにカンチネンタルへと通りを上った。残骸は、皆、取り去られた;消防団は広場にホウスで水をかけた。僕は、あの時、いかにその時間とその場所が重要になり得るか何の考えも持ち合わせていなかった。僕は夕方いっぱいそこに座って、僕の予約を破棄しようと考えもした。その時僕は思った、多分僕は彼にその身の危険を警告する事によってパイルを機能不全にして脅えさせてもいいんだと。彼の危険がどんなものであっても、そしてそこで僕は僕のビアを終わりにして帰途についた。、とはいえ僕は家に着いた途端、僕は希望を持ち始めた、パイルは来はしないという。僕は読もうとした、が、僕の棚の上、そこには何もなかった。もしかして吸引するとよかった、それなのにそこには僕のパイプを準備するような者は一人もいなかった。僕はむしゃくしゃして足音に耳を傾けた。そしてついに彼らはやって来た。誰かがノックした。僕はドアを開けた、そこにはドミンゲスだけがいた。

 僕は言った、「君は何が欲しいんだ、ドミンゲス?」

 「彼は驚いた様子で僕を見た。「欲しい?」彼は彼の時計を見た。「この時間は僕が何時も来る時間です。貴方は何通か外電を持っていますか?」

 「僕は、申し訳ないー僕は忘れていた。ない。」

 「しかし爆弾に関する追跡は?貴方は何か他の分野で穴埋めしないんですか?」

 「オウ、僕のために一つ精を出してくれ、ドミンゲス。それがどうなっているのか僕には分からないーその場のそこにいながら、多分僕は少し動揺してしまった。僕は外電の期限内にその事について考えられない。」僕は僕の耳にブーンと呻りながら近づく蚊を叩き殺した、そして僕の一撃に本能的に顔を顰めるドミンゲスを見た。「それで全ていい、ドミンゲス、僕は時を逸した。」彼は憐れんでにっこり笑った。彼は命を奪うためにこの嫌な事を正当化するはずがない:結局彼はクリスチャンだったー蝋燭の中に人の死体を用意する方法をニーロウ(ネロ)から学んだそれらの一人。

 「僕が何か貴方のためにできる事がそこにありますか?」僕は尋ねた。彼は飲まなかった、彼は肉を食べなかった、彼は殺さなっかったー僕は彼の温厚さを、彼を妬んだ。

 「ないよ、ドミンゲス。ただ今夜は僕を一人にして置いてくれ。」僕は窓から彼を見ていたカティナトゥ通りの向こう側に行ってしまうのを。輪タク運転手が僕の窓の反対側の歩道の脇に駐輪していた;ドミンゲスは彼を雇おうとした、しかし男はその首を振らなかった。

284

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼が僕に統治権を渡した時、先ずは2年の任期、僕は彼に感謝していると便りを出した、僕はついにサミュエル・バトゥラのNote Books、The Way of All freshと2冊のErewhonを購入できた。これは彼を憤慨させてしまった、ヴィクトーリア時代の人物として。 レクサムの任務に対する他のほとんどの志願者らは最近サンドゥハーストゥ(陸軍士官学校)の王立陸軍大学への合格に失敗した男子生徒ら

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page