top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

Part Four

 


僕は彼女が無事に筋書きの外に居ようとするように彼女の姉妹を映画に伴うお金をフオンに渡して置いた。僕は、僕一人でドミンゲスと一緒に夕食に出掛けて戻った、僕の部屋でヴィゴウが10時きっかりに立ち寄る時を待ちわびて。彼は一杯もやらない事を詫びたー彼は随分疲れたので眠るために一杯彼に送るといいと言った。それは実に長い一日だった。

 「殺人と急死?」

 「いや、些細な盗み。それに2、3の自殺。これらの人々はギャンブル好きで彼らが何もかも失った時、彼らは自分を殺す。おそらく私は警官になろうとはしなかった、もし私が遺体安置書で何時間も過ごさなければならないと知っていたら。私はアモウニア(アンモニア)の臭いが好きではない。おそらく結局私はビアを飲みたくなる。」

 「僕は冷蔵庫を持っていない、僕は恐縮します。」

 「僕は彼と一緒に遺体安置書に降りて、彼らが角氷のトゥレイのようにパイルの体を滑らせて出したその夜を覚えていた。

 「それで君は母国に帰らないの?」彼は尋ねた。

 「貴方は調べてしまいました?」

 「はい。」

 僕は彼にフイスキを差し出した、彼は僕の神経がいかに穏やかになったか彼が察知できるように。「ヴィゴウ、僕はパイルの死に関係があるとなぜ貴方が思うのか、僕は貴方が話してくれたらなあと思います。これは動機についての質問ですか?僕は望んでいた、それはフオンに戻ってほしいと?それともそれは彼女を失ったための復讐だったと貴方は想像している?」

 「いいえ、私はそんなに馬鹿ではありません。人はその敵の書物を記念品として奪いません。そこに、それは貴方の棚にあります。The Role of the West。このヨーク・ハーディングは何者ですか?」

 「彼は貴方が探している男です、ヴィゴウ。彼がパイルを殺したー長い射程で。」

 「私には分かりません。」

 「彼はジャーナリストゥの中では優れた方ですー彼らは彼らを外交記者と呼びます。彼は一つの考えを掌握するとそれからその考えに合うようにあらゆる状況を変えます。パイルはヨーク・ハーディングの考えを詰め込んでここから出て行きました。ハーディングはバンコクから東京への彼の途上一週間に一度ここにいました。パイルは実践の中に彼の考えを入れ込むと言う過誤を犯しました。ハーディングは第三勢力について書きました。パイルは一つ形にしましたー2,000の男達と飼い慣らされた一組の虎を連れたお粗末な山賊。彼の関わり合いになった。」

 「貴方はやっていない、貴方はやっています?」

 「僕は関わらないようにしました。」

 「しかし貴方は失敗した、ファウラ。」

276

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は彼の学校の人々と好意的に接することにした、それは彼らを戸惑わせ、不快感を与えた、男子らと教師らとの間の隠された戦いという校内の伝統の所為で、僕達は譬え同じ学校の評議員の取り扱いが不道徳であろうが、何処で関係したかそれをごまかし、嘘を吐き、或いは騙すことは少しも恥ずかしいとは思わなかった。ジョージもまた寮の教師達を可能な限り戦況や男子らとの親交の受容を拒否することによって敵意を抱かせた。二人の寮

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼とアーヴィンが実際上りの最後の500ヤードゥを達成したかどうかも、或いは彼らは引き返したのかどうか、或いは何かがあったのかどうか誰一人知らない;しかしジョージと登ったことのある誰もが彼は頂上に達し、下降のために十分な備えを自らに残すこともなく彼の何時もの調子で喜んだと信じている。僕は彼の萎えた気持ちへの矯正手段として、ウインチェスタでの―給費生の間、彼はもっぱら登ることに熱中したとということ、そ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼はその後も彼のほとんど無謀な勇敢さを失わなかった、今までに登山技術について知られている筈のそこの全てを知り尽くしていた。僕は何時もロウプを着けていると彼は全く安全だと感じた。ジョージは砲手‐中尉として戦争を生き抜いたが、休暇中、ロック・クライミングで彼の神経を保った。 その戦争が終わった時、ジョージは前よりずっと山を愛した。彼はマウントゥ。エヴァリストゥ(エヴェレストゥ)での彼の詩は5年後に訪れ

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page