top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

ところが人が戦争の事を書くとなると、時折り人が危険を分かち合うという自負心を必要とする。

 最も制約された期間内でさえ、それらを分かち合う事、それは、秩序がハノイから消え去ってから、楽ではなかった。水平の急襲だけが僕には許される予定だったーバスによる旅行同様安全なこの戦争における急襲、何故なら僕達は思いマシーン・ガンの射程距離の上を飛んだから;パイラトゥ(パイロット)の誤りかエンジンの欠陥以外何物からも安全だった。僕達は時間割によって外に出て行き、時間割によってホウムに帰って来た:爆弾という積み荷は斜めに空を駆け下り、噴煙の螺旋降下が道路のジャンクシュン、或いは橋から爆破した。それから僕達は食前酒の時間のために引き返して女を漁り、僕達の鉄製のボウルを砂利に十文字に駆り立てた。

 或る朝、町の食堂で僕がブランディのソウダ割りを埠頭の南端を訪れる事に熱烈な願望を持っていた若い将校と飲んでいた時、任務のための命令が入って来た。「来たい?」僕ははいと言った。水平の急襲でさえ殺しの機会と殺しの意図の方向に位置しているに決まっている。空港を運転して出ながら彼は意見を述べた、「これは垂直の急襲です。」

 「僕は禁じられていると思った・・・」

 「貴方がその事を何も書かなければいい。貴方が見た事もない中国の国境近くで上がって国土の1部分を貴方にそれは見せるでしょう。ライ・チョウの近く。」

253

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は彼の学校の人々と好意的に接することにした、それは彼らを戸惑わせ、不快感を与えた、男子らと教師らとの間の隠された戦いという校内の伝統の所為で、僕達は譬え同じ学校の評議員の取り扱いが不道徳であろうが、何処で関係したかそれをごまかし、嘘を吐き、或いは騙すことは少しも恥ずかしいとは思わなかった。ジョージもまた寮の教師達を可能な限り戦況や男子らとの親交の受容を拒否することによって敵意を抱かせた。二人の寮

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼とアーヴィンが実際上りの最後の500ヤードゥを達成したかどうかも、或いは彼らは引き返したのかどうか、或いは何かがあったのかどうか誰一人知らない;しかしジョージと登ったことのある誰もが彼は頂上に達し、下降のために十分な備えを自らに残すこともなく彼の何時もの調子で喜んだと信じている。僕は彼の萎えた気持ちへの矯正手段として、ウインチェスタでの―給費生の間、彼はもっぱら登ることに熱中したとということ、そ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼はその後も彼のほとんど無謀な勇敢さを失わなかった、今までに登山技術について知られている筈のそこの全てを知り尽くしていた。僕は何時もロウプを着けていると彼は全く安全だと感じた。ジョージは砲手‐中尉として戦争を生き抜いたが、休暇中、ロック・クライミングで彼の神経を保った。 その戦争が終わった時、ジョージは前よりずっと山を愛した。彼はマウントゥ。エヴァリストゥ(エヴェレストゥ)での彼の詩は5年後に訪れ

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page