top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 僕はガリジの中へ引き返し、裏の小さな事務所に入った。そこには普通のチャイナの広告のカランダ(カレンダー)散らかった机ーー価格表やガム(ゴム)一瓶や加算器、書類止めクリプ、ティポトゥやカプ3つ、それにたくさんの尖らせてない鉛筆、そして何か訳あって書かれていないアイフル(エッフェル)塔の絵‐葉書があった。ヨーク・ハーディングは第三勢力について抽象グラフィクに描くだろうが、これは、それが伝わる何かだったーこれがそれだった。そこには後ろの壁にドアがあった;それは施錠されていた。しかしその鍵は机の上の鉛筆の間にあった。僕はドアを開け、通り抜けた。

 僕は、およそガリジのサイズの小さい小屋の中にいた。それは、一見すると、羽のない成鳥を捕まえるために無数の止まり木を備え付けられた竿と針金の籠のように見えたーそれは、古いぼろ切れで結わえ付けられているという印象を与えたが、ムオイさんと彼の助手が呼び出された時、そのぼろ布はおそらく洗濯のために使われて来た。僕は製造業者の名前を見付けたーリヨンの誰かで特許ナムバー何の特許を取っている?僕が電流の強さを変えると古い機械は生き返った:竿には目的があったー奇妙な仕掛けの機械は、その最後の生命力を振り絞っている老いた男のようだった。粉々になって落ちている彼の拳、粉々になって落ちている・・・この物体は今尚圧搾機だった、がそれ自体球の中に、それは5セントゥ映画劇場と同じ時代に属していなければならなかった、それにしても何一つ嘗て浪費された物がないそのカリア(キャリア)を終えるべき一日を迎える事を待ち望んでもよいこの国で(The Great Train Robberyがスクリーンを縦横無尽にその行く手をぐいと動かしている、ナム・ディンの裏通りで娯楽を提供しているあの古い映画を見ていたのを、僕は思い出した。)そのpressはまだ使用可能だった。

246

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は彼の学校の人々と好意的に接することにした、それは彼らを戸惑わせ、不快感を与えた、男子らと教師らとの間の隠された戦いという校内の伝統の所為で、僕達は譬え同じ学校の評議員の取り扱いが不道徳であろうが、何処で関係したかそれをごまかし、嘘を吐き、或いは騙すことは少しも恥ずかしいとは思わなかった。ジョージもまた寮の教師達を可能な限り戦況や男子らとの親交の受容を拒否することによって敵意を抱かせた。二人の寮

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼とアーヴィンが実際上りの最後の500ヤードゥを達成したかどうかも、或いは彼らは引き返したのかどうか、或いは何かがあったのかどうか誰一人知らない;しかしジョージと登ったことのある誰もが彼は頂上に達し、下降のために十分な備えを自らに残すこともなく彼の何時もの調子で喜んだと信じている。僕は彼の萎えた気持ちへの矯正手段として、ウインチェスタでの―給費生の間、彼はもっぱら登ることに熱中したとということ、そ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼はその後も彼のほとんど無謀な勇敢さを失わなかった、今までに登山技術について知られている筈のそこの全てを知り尽くしていた。僕は何時もロウプを着けていると彼は全く安全だと感じた。ジョージは砲手‐中尉として戦争を生き抜いたが、休暇中、ロック・クライミングで彼の神経を保った。 その戦争が終わった時、ジョージは前よりずっと山を愛した。彼はマウントゥ。エヴァリストゥ(エヴェレストゥ)での彼の詩は5年後に訪れ

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page