top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳


それはただ進行を遅らせ、もし貴方が私と生きる限り彼女と一緒に暮らせば、この場合、それはその少女に対してもっと不公平そのものになるでしょう。貴方は彼女をイングランドゥに連れて帰ろうとする、そこで彼女は道に迷い、見知らぬ人になるでしょう、そして貴方が彼女を置き去りにする時、彼女は如何にひどく捨てられたかを思うでしょう。彼女はナイフやフォークを使えるとは私は思わない、そうでしょ?私が貴方を思うよりずっと私は彼女をよく思っているから私は苛酷になっています。それでも、タマス愛しい人、私は貴方の事も考えています。

 僕は肉体的に病気になったような気がした。それは僕が僕の妻から手紙を受け取ってからずっとだった、僕は彼女にそれを書く事を強いた、そして僕は全ての行に彼女の痛みを感じられた。彼女の痛みは僕の痛みを不意に打つ:僕達は互いに傷付けあった古い手順に戻った。もし傷付ける事もなく愛する事、それさえ可能だったら―忠誠心では足りない:僕はアンヌに誠実だったにもかかわらず僕は彼女を傷付けた。打撃は所有という行動の中にある。

200


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「彼女は今後貴方を愛せない。」彼の考えはそれと同じくらい単純だった。僕は彼女を探そうとして振り返った。彼女はベドゥへ行ったきりで、僕が横たわっていた所でべドゥスプレドゥ真っ直ぐに引っ張っていた;それから彼女は棚から彼女の絵本の一つを手に取り、まるで僕達の話と無関係であるかのようにベドゥに座った。僕は何の本か言えたそれはー女王の暮らしの絵画風記録だった。僕にはウエストゥミンスタに向かう途中の逆さまの

「私は考えなければならなかった、」彼女は言った。 彼女はその呼吸の乱れから眠っていなかったようで、そこでどうして夜起きているのか僕が話したのを僕は思い出した。僕は彼女の方へ腕を出して彼女に尋ねた「悪い夢?」彼女が初めてカティナトゥ通りに来た頃、彼女は何時も悪夢にうなされていた、が昨夜彼女はその暗示に彼女の頭を振った:彼女の背中が僕の方へ向けられ、僕は彼女にもたれて僕の足を移動したー成功の定石中の最

「いや。これはユアラピーアン表裏だ、パイル。僕達は僕達の必需品の不足を補わなければならない。しかし僕は不器用だったに違いない。君は嘘をどうして見抜いたの?」 「それは彼女の姉妹でした、彼女は今米国人(ジョウ)のために働いています。僕はたった今彼女を見ました。彼女は貴方が家に立ち寄ったのを知っています。」 「オウ、それは、」僕はほっとして言った。「フオンはそれを知っている。」 「それで貴方の奥さんか

記事: Blog2_Post
bottom of page