top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

更新日:2023年7月16日

僕は救われたいと、或いはひどく痛くて死期を延ばすよう頼みはしなかった硬く乾いた地面に僕のカウチのノスタルジアを感じながら思った。僕の体重からパイルを開放するよう努めつつ、片足でクレインのように立ち、僕が動くと稲の茎がくすぐり、切れ、パチパチ音を立てた。

 「君は僕の命をあそこで救った、」僕は言った、するとパイルは月並みな返答の代わりに咳払いをした、「そうだよ、僕はここで死ねたんだ、僕は乾いた土の方がいいよ。」

 「話さない方がいい、」パイルは病人に対してのように言った。

 「誰が一体僕の命を救うように君に頼んだんだ?僕は殺されたくて東に来た。それは君の忌々しい無礼に過ぎない。」僕は泥の中でよろめき、パイルは彼の肩の辺りに僕の腕を持ち上げた。「それを和らげて、」彼は言った。

 「君は戦争‐映画を見て来た。僕達は二人の水夫じゃないし、君は戦争‐勲章を勝ち取れない。」

 「シュ‐シュ(シ―‐シー)。」足音が水田の縁まで降りて来ている、足音が聞こえるだろ」。道路を上るグレンは発砲を止め、そこには、足音と僕達が息をした時、稲の僅かなカサカサという音以外に全く音はしなかった。その時足音が停止した:彼らは本の一部屋分の長さだけ隔たっているように見えただけだった。僕の状態の良い側のパイルの手が僕をゆっくりと下に押しているように感じた:

185

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕は頂上を目指す或る登山を思い出す。そこに昨夜のブリザードゥ(暴風雪)で剥がれてその屋根が茶色のホテルを探し当てると、僕達は道標の側に座り、カールズバドゥ・プラムやリヴァ(レバー)ソシジ(ソーセージ)サンドゥウイチを食べた。ジェフリ・ケインズ、Nonesuch Blakeの編集者がティームの中にいた。彼とジョージ、彼らは彼の登山の終わりに興奮して酔い潰れ、道標から石を抜き取った:それらをホテルの高

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅸ ジョージ・マラリは本を貸すより幾らかましなことをした:彼は学校の休暇にスノウドゥンへの登山に僕を誘った。僕はハーレクで僕のベドゥルームの窓からのスノウドゥンをとてもよく知っていた。春には、その遠い冠雪が景色に感傷的な栄光を齎した。僕がスノウドゥンへジョージと一緒に行った初めての時、僕達はクエリン湖近くのスノウドゥン・レインジャ・ホテルに滞在した。あれは1月だった、そして僕達は雪に覆われたその山

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

二人のよく知られたスポーツ選手は僕の同期生だった:A.G.バウア、サッカーでイングランドゥの後のカプタン(キャプテン)、しかしカルトゥジオ教会ではただの平均的選手;そしてウールフ・バーネイトゥ、サーリクリキトゥ(クリケット)(そして百万長者自動車レイサ)、もまた並みの選手。バーネイトゥは僕自身と同じハウスにいた、僕達は4年の間、一言も言葉を交わすことはなかったが僕達は一緒にいた。5人の給費生らは自

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page