top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳


 僕は苛立たしさと共に泣いていたーお前はより強い言葉は遣えなかった。僕は彼に逆らって僕自身を持ち上げ、僕の左足をだらりと垂れるがままにしたー僕達は3本足のレイスの不器用な参加者のようで、僕達はもしものチャンスを耐え抜こうとはしなかった、僕達が出発する瞬間に、ブレンは次の塔の方へ道路に沿ったどこかで速く短い爆発中、発砲し始めなかった。多分パトゥロウルが突き進もうとしたが、おそらく彼らは、破壊された彼らの3つの塔の清算を完了していた。それは僕達の遅くて不器用な群れの騒音を覆い隠した。

 僕には僕が終始正気だったかどうか確かではない:僕は最後の20ヤードゥの間、パイルはほとんど僕の体重を運ばなければならなかった。彼は言った、「ここに気を付けて。僕達は中に入ろうとしているところです。」乾燥した稲が僕達の周りでカサカサ音を立て、泥濘がパチャパチャ音を立てて跳ね上がった。パイルが立ち止まった頃には、水は僕達の腰に達していた。彼は喘いでいたし、彼の呼吸の捕獲量はウシガエルのような音を立てた。

 「僕は申し訳ないと思う、」僕は言った。

 「貴方を見捨てる事はできなかった、」パイルか言った。

 「最初の感覚はリリーフ(レリーフ)だった;水と泥は包帯のように僕の足を優しくしっかり支えたが、間もなくその冷たさは僕達をカタカタ言わせた。僕はその時もう真夜中を過ぎてしまっていたのかどうか分からなかった:もしヴィエトゥが僕達を見つけなかったら、僕達にはこれから6時間はあるだろう。

 「少しあなたの体重を移せますか、」パイルが言った、「ほんの少しの間だけ?」そうして僕の不当な苛立ちが舞い戻ったー僕には痛みの他にそれに対して全く弁解の余地はなかった。

184

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page