top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 それから僕はパイルが囁いているのを聞いた、「タマス。タマス。」彼は急いで足技を覚えた;僕には彼が引き返すのが聞き取れなかった。

 「あっちへ行け、」僕は囁き返した。

 彼はその時僕を見つけ、僕の側で水平に下に横になった。「どうして貴方は来なかったんですか?貴方は怪我をしていますか?」

 「僕の足を僕はこれは折れていると思う。」

 「銃弾?」

「いや。いや。丸太。石。塔から何かが。これは出血していない。」

 「貴方は努力するようになって来た。」

 「あっちへ行け、パイル。僕は必要ない、それはあまりにひどく怪我をしている。」

 「どっちの足を?」

 「左。」

 彼は僕の脇腹に這って回り、僕の腕を彼の肩の上に持ち上げた。僕は塔の中で少年のようにすすり泣きたかった、と同時に僕は腹が立ったが、小声で怒りを表現するのは、それは難しかった。「神は君を呪う、ぱいる、僕を一人にしてくれ。僕は留まりたい。」

 「貴方はそうしてはいけない。」

 彼は彼の肩の方へ半ば僕を引っ張ていた。血だらけのヒーロウになるな、僕は行きたくない。」

 「貴方は助かる機会に恵まれた。」彼は言った、そうでなきゃ僕達は捕まえられます。

 「君が・・・」

 「静かにして、さもないと彼らは貴方の声を聞いてしまう。」

 僕は苛立たしさと共に泣いていたー

183

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page