top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

 「僕には分からない。」僕は彼らが車を見つけて僕達か或いは他の者に手渡すためにこいつらに話してくれるのを期待する。彼らが彼らの心を決める前にあのステンを取り上げた方がいい。」

 「彼は撃つつもりだよ。」

 「彼は未だ決めてない。彼は決めればどんな手段でも撃つさ。パイルは彼の脚を動かし、ライフルを近付けた。

 「僕は壁に沿って動くよ、」僕は言った。「彼の目が彼にカヴァさせるのを躊躇った時。」

 僕が立ち上がったちょうどその時、声が途切れた:静寂は僕をびくっとさせた。パイルはきつく言った、「お前のライフルを落とせ。」僕にはステンが降ろされたかどうか疑わしく思うほどのまさに余裕があったー僕はわざわざ見ようとはしなかったーその男がライフルを下に投げた時。

 僕は部屋を横切り、それを拾い上げた。その時、声が再び始まったー全く音節が変わらなかったという印象を僕は持った。おそらく彼らはレカドゥ(レコード)を使った。僕は、最後通牒が満了する時なんだろうと思った。

 「次に何が起こります?」パイルが尋ねた、実験室での実演を見ている学生のように:彼が個人的に関係しているようすはなかった。

 「おそらくバズーカ、ひょっとしたらヴィエトゥ。」

177

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕は頂上を目指す或る登山を思い出す。そこに昨夜のブリザードゥ(暴風雪)で剥がれてその屋根が茶色のホテルを探し当てると、僕達は道標の側に座り、カールズバドゥ・プラムやリヴァ(レバー)ソシジ(ソーセージ)サンドゥウイチを食べた。ジェフリ・ケインズ、Nonesuch Blakeの編集者がティームの中にいた。彼とジョージ、彼らは彼の登山の終わりに興奮して酔い潰れ、道標から石を抜き取った:それらをホテルの高

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅸ ジョージ・マラリは本を貸すより幾らかましなことをした:彼は学校の休暇にスノウドゥンへの登山に僕を誘った。僕はハーレクで僕のベドゥルームの窓からのスノウドゥンをとてもよく知っていた。春には、その遠い冠雪が景色に感傷的な栄光を齎した。僕がスノウドゥンへジョージと一緒に行った初めての時、僕達はクエリン湖近くのスノウドゥン・レインジャ・ホテルに滞在した。あれは1月だった、そして僕達は雪に覆われたその山

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

二人のよく知られたスポーツ選手は僕の同期生だった:A.G.バウア、サッカーでイングランドゥの後のカプタン(キャプテン)、しかしカルトゥジオ教会ではただの平均的選手;そしてウールフ・バーネイトゥ、サーリクリキトゥ(クリケット)(そして百万長者自動車レイサ)、もまた並みの選手。バーネイトゥは僕自身と同じハウスにいた、僕達は4年の間、一言も言葉を交わすことはなかったが僕達は一緒にいた。5人の給費生らは自

留言

評等為 0(最高為 5 顆星)。
暫無評等

新增評等
bottom of page