top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

更新日:2023年7月7日

 「僕には何事も彼の人抜きではまるで意味がない。」

 「僕は前に本を読んだ・・・」

 僕はどんな本をパイルが読んだ事があるのか全く分からなかった。(多分それはヨーク・ハーディングかシェイクスピアか同時代の韻文の選集か結婚生活の生理ではなかったーおそらくそれはThe Triumph of life。)声が僕達と一緒に塔の中に直接入って来た、それは策略で物影から話すような感じだったー鈍く響く拡声器の音声がヴィエトゥナム語で何か言っている「僕達はそのためにいる、」僕は言った。二人の見張り番は耳を傾けた、彼らの顔がライフル投入口の方を向いた、彼らの口は絞首刑のように開いた。

 「これは何事?」パイルが尋ねた。

 「朝顔型口まで歩く事は声を突き抜けて歩く事に似ていた。僕は、素早く外を見た:そこには目に入るようなものは何もなかったー僕には道路を見分ける事さえできなかった上に、部屋の中を僕が振り返って見た時、ライフルが向けられた、僕にか或いはライフル口にかどうか僕には確かではなかったが、壁の周りを移動した途端、そのライフルは揺らぎ、躊躇い、僕をカヴァし続けた:僕は下に座り、ライフルは下げられた。

 「彼は何と言っていますか?」パイルが尋ねた。

176


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

僕の5期目の年に僕は6学年に達しハウス係になった。そこにいたのは僕達6名。彼らの中の一人、ジャック・ヤング、ハウス競技会のカプタン(キャプテン)、気さくで、大らかな奴、は或る日言った:「ここを見て、グレイヴズ、僕はハウス間バクシング(ボクシング)試合に参加者のリストゥに記載して送らなければならない。僕は君の名前を書き留めてもいい?」僕のレイマンドゥとの絶交以来バクシングはその関心を薄れさせていた;

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page