top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

今は、フオンが何時も僕の夕べのパイプを準備し始める時間だった。手紙が僕を待ち望んでいるかどうかは分からない。僕はそうでない事を望んだ、手紙は何かを封じ込める事を知っていたから。何一つ届かない限り、僕は可能性の夢想に耽る事ができた。

 「貴方は眠っていますか?」パイルが言った。

 「いや。」

 「僕達は梯子を引き上げるべきだと貴方は思いませんか?」

 「僕は何故彼らがそうしないのか分かり始めてる。それは外への唯一の道なんだ。」

 「戦車が引き返す事を僕は願う。」

 「それはもうない。」

 僕は長い間隔を置いてからしか僕の時計を見ないようにした、そしてその間隔は思ったほど長くはなかった。9時40分、10時5分、10時12分、10時32分、10時41分。

 「君は起きてるの?」僕はパイルに言った。

 「はい。」

 「君は何について考えているの?」

 彼は躊躇った。「フオン、」彼は言った。

 「そう?」

167

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「彼女は今後貴方を愛せない。」彼の考えはそれと同じくらい単純だった。僕は彼女を探そうとして振り返った。彼女はベドゥへ行ったきりで、僕が横たわっていた所でべドゥスプレドゥ真っ直ぐに引っ張っていた;それから彼女は棚から彼女の絵本の一つを手に取り、まるで僕達の話と無関係であるかのようにベドゥに座った。僕は何の本か言えたそれはー女王の暮らしの絵画風記録だった。僕にはウエストゥミンスタに向かう途中の逆さまの

「私は考えなければならなかった、」彼女は言った。 彼女はその呼吸の乱れから眠っていなかったようで、そこでどうして夜起きているのか僕が話したのを僕は思い出した。僕は彼女の方へ腕を出して彼女に尋ねた「悪い夢?」彼女が初めてカティナトゥ通りに来た頃、彼女は何時も悪夢にうなされていた、が昨夜彼女はその暗示に彼女の頭を振った:彼女の背中が僕の方へ向けられ、僕は彼女にもたれて僕の足を移動したー成功の定石中の最

「いや。これはユアラピーアン表裏だ、パイル。僕達は僕達の必需品の不足を補わなければならない。しかし僕は不器用だったに違いない。君は嘘をどうして見抜いたの?」 「それは彼女の姉妹でした、彼女は今米国人(ジョウ)のために働いています。僕はたった今彼女を見ました。彼女は貴方が家に立ち寄ったのを知っています。」 「オウ、それは、」僕はほっとして言った。「フオンはそれを知っている。」 「それで貴方の奥さんか

記事: Blog2_Post
bottom of page