top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳


僕は床から出て上った、彼らを安心させるために話しながら、僕の車が外にあるという事を、僕がガソリン切れで走れなくなったという事を、彼らに打ち明けながら。おそらく彼らは少しならある、僕は買えるといい。僕が周りを見てもそれらしい物は見えなかった。狭く丸い部屋の中、そこにはステン・ガンのための弾薬のボクス、小さい木製ベドゥ、そして釘にぶら下がった二つの荷物以外何一つなかった。残飯の入った二つの鍋と木の何本かの箸は、彼らが大した食欲もなく食べていたことを示した。

 「次の要塞まで僕達が乗るのに足りるだけでいいんだが?」僕は尋ねた。

 壁に凭れて座っている男達の一人ーライフルを持った1人が彼の首を振った。

 「もし君達ができなければ僕達はここに夜泊まるしかないだろう。」

 「それは禁止されています。」

 「誰に?」

 「あんたは民間人だ。」

 「誰も路上のそこいらに出して、僕を座らせ、僕の喉を切らせるつもりではない。」

 「あんたはフランス人?」

 一人の男だけが口を利いた。もう一人は彼の頭を横に向けたまま座っていた、壁の裂け目を覗きながら。彼は何も見えなかった、空という葉書の他には:彼は耳を研ぎ澄ましているようで、僕も耳を研ぎ澄まそうとした。

150

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page