top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American Graham Greene 成田悦子訳

もしこの大聖堂が20年の代わりに5世紀の間存在していたら、それは足の引っ掻き傷や風雨の浸食と共に或る種の理解を集めただろうか?僕の妻のように道理を弁えた誰かが人間の中に見出せなかったこの世で信仰に目覚めるものだろうか?またもし僕が心底信仰を求めたら、僕は彼女のノーマン教会にそれを見出そうとしただろうか?何れにせよ僕は未だ嘗て信仰を切望した事がなかった。リポータの仕事は正体を暴き記録する事だ。僕は未だ嘗て僕の職歴の中で不可解を発見した事がなかった。ロウム教皇は彼の動かせる蓋の中の鉛筆を持って、彼の予言に取り組み、人々は信じた。どんな想像の中にも、どこかに貴方はプランシェトゥ(ハートゥ型の占い版)を見付けられた。僕は、僕の記憶の目録の中には何の先見の明も奇跡も持ち合わせなかった。

 僕はアルバムの写真のように無作為に僕の記憶を捲った:僕は、オーピントゥンを見晴らす敵の照明装置の明かりで見たキツネ、辺境の地の彼の赤褐色の住まいから出て、鶏の近くに駆け寄ってはずっとこそこそ盗むのを見て来た:銃剣で武装したメイレイ(マレー人)の死体、それはグルカ巡回はローリーの後部でパハンの地雷敷設カムプの中へ運んで来た、そして中国人の人夫は傍観し、神経質にクスクス笑った、兄弟メイレイが死んだ頭の下にクションを置いている間中、炉棚の上の鳩がホテルのベドゥルームで飛行に備えて静止していた:僕が最後にグドゥ‐バイを言おうとして家に近付いた時、窓に僕の妻の顔。僕の想いは彼女と共に始まり潰(つい)えた。

142

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「彼女は今後貴方を愛せない。」彼の考えはそれと同じくらい単純だった。僕は彼女を探そうとして振り返った。彼女はベドゥへ行ったきりで、僕が横たわっていた所でべドゥスプレドゥ真っ直ぐに引っ張っていた;それから彼女は棚から彼女の絵本の一つを手に取り、まるで僕達の話と無関係であるかのようにベドゥに座った。僕は何の本か言えたそれはー女王の暮らしの絵画風記録だった。僕にはウエストゥミンスタに向かう途中の逆さまの

「私は考えなければならなかった、」彼女は言った。 彼女はその呼吸の乱れから眠っていなかったようで、そこでどうして夜起きているのか僕が話したのを僕は思い出した。僕は彼女の方へ腕を出して彼女に尋ねた「悪い夢?」彼女が初めてカティナトゥ通りに来た頃、彼女は何時も悪夢にうなされていた、が昨夜彼女はその暗示に彼女の頭を振った:彼女の背中が僕の方へ向けられ、僕は彼女にもたれて僕の足を移動したー成功の定石中の最

「いや。これはユアラピーアン表裏だ、パイル。僕達は僕達の必需品の不足を補わなければならない。しかし僕は不器用だったに違いない。君は嘘をどうして見抜いたの?」 「それは彼女の姉妹でした、彼女は今米国人(ジョウ)のために働いています。僕はたった今彼女を見ました。彼女は貴方が家に立ち寄ったのを知っています。」 「オウ、それは、」僕はほっとして言った。「フオンはそれを知っている。」 「それで貴方の奥さんか

記事: Blog2_Post
bottom of page