top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American/Graham Greene 成田悦子訳

更新日:5月9日

「僕の父は彼が会った唯一の機会に大いに彼に惹かれましたが、僕の父はおだてにくい。」

 デュ―クと呼ばれたその大きな黒い犬は空気に正当性を樹立するのに十分長く喘ぎながら、部屋を探し回り始めた。

 「君は君の犬にじっとしているよう頼めないの?」僕は言った。

 「オウ、僕は本当にすみません。デュ―ク、デュ―ク。座れ、デュ―ク。」デュ―クは座り彼の陰部を騒々しく舐め始めた。僕は僕達のグラスを満たし、デュ―クのトリトゥ(トイレ)を妨げるよう通りがかりにうまく処理した。静けさは実に短時間続いた;彼は自分自身をひっかき始めた。

 「デュ―クはひどく聡明です、」とパイルが言った。

 「プリンスに何があったの?」

 「僕達はカネチカトゥ農場で降り、彼は轢かれてしまいました。」

 「君は狼狽した?」

 「オウ、僕は大変心配しました。彼は実に事情を詳しく話したが、誰でも弁えようとする。何も彼に元に戻る物はない。」

 「それでもし君がフオンを失っても、君は弁えるつもり?」

 「オウ、はい僕はそう望みます。それで貴方は?」

 「僕はそれはどうかなと思う。僕なら殺人鬼のように暴れ回ったろうに。君はそう思った事があるだろ、パイル?」

118

 


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「僕はとりあえずぐっすり眠っていた;だからその時僕は邪魔されたくなかった。ところが僕は邪魔される、だから入って。」僕はフオンにフレンチで言った、貴女は彼をどこで拾ったの? 「ここで。通路で、」彼は言った。「私はノックしている彼に耳を傾けた、それで私は彼を入れてあげようとして二階へ走ったの。」 「座って、」僕はパイルに対して言った。「君はカフィーでも飲む?」 「いいえ、それに僕は座る気はないんです、

まず初めに塔から痛みの最中叫んでいる声、それから突然直に「タマス、タマス。」と僕に話し掛けている声のようにーもしその声が割り込まなかったら決して変わらなかっただろうその道は、均一性のある電信受信機のように曲がりくねっていなかった。 ひそひそ声で僕は言った、「あっちへ行け、パイル。僕に近寄るな。僕は救われたくない。」 「タマス。」彼は僕のドアを叩いていた、しかし僕は稲田の中に戻ったかのように僕はフク

僕はその中で彼に不公平だったから、僕は、僕の他のもっと形式的な恩義に対する罪悪感を募らせた。その時そこには僕の手紙の罪悪感もまたあったと僕は思う。(どんな遠い先祖らがこの愚かな良心を僕に手渡したのか?きっと彼らは、彼らの石器時代の世界で暴行し殺した時、それから免除されたのだ。) 僕はディナに僕の救い主を招待すべきだろうか、僕は時に分からなくなった、或いは僕はコンティネンタルのバーで飲み会を提案すべ

記事: Blog2_Post
bottom of page