top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The Quiet American/Graham Greene 成田悦子訳

僕は上級フランス将校、彼らの妻達や彼らの女達と一緒にメトゥロポウルで飲みたくなかった、そして僕がバーに着いた時、僕はホア・ビンの方に銃の遠いドゥラミングに気付いた。昼間、それらは交通の‐騒音に浸されたが、輪タク運転手が賃貸しに精を出す所、自転車のベルのトゥリングの間以外今は何もかも静まり返っていた。ピエトゥリは彼の何時もの場所に座った。皿の上の西洋梨のように彼の方の上に座る奇妙な長く伸びた頭蓋骨を持っていた、彼は公安将校でパクス・バーを所有する奇麗なトンキン人と結婚していた。彼は故国に帰りたがる特別な願望を持たない変わった男だった。彼はコーシカン(コルシカ人)だったが、彼はマーセイルズ(マルセイユ)を好み、彼はどんな日もマーセイルズに向かうガムベッタ通りの舗道上の彼の席を好んだ。僕は、彼は既に僕の電報の中身を知っているのかと思った人

 「821?」彼は尋ねた。

 「何故,ない?」

 僕達は投げ始め、僕は、ガムベッタ通りやカティナトゥ通り、ヴァマス・カシスのフラトゥの味わい、ダイスの素朴なカチッという音、それに地平線のの周りのクロク・ハンドゥのように移動している砲火から離れて、また嘗てのように暮らしを始められるという事、それは不可能に思えた。

 僕は言った、「僕は帰るつもりだ。」

 「家へ?」ピエトゥリは尋ねた、4-に-1を投げながら。

 「いや、イングランドゥ。」

109

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「僕が行く前に僕は君に会うだろう、パイル。そして僕は大聖堂へと歩いて立ち去った。僕はそこで幾らか涼んだ。 フランスアカダミのユーニフォームに包まれ、彼の三角帽の周りに光輪を放った聖ヴィクタ・ヒューゴは幾らか崇高な感傷を指し示した。サン・イァトゥ・セン(孫文)は小さいテイブルの上で名を刻みつけていた、そしてその時僕は身廊にいた。そこにはロウム教皇の椅子の中以外座る場所はなかった。それを取り巻くコブラ

パイルはヴァイトゥ‐ヘルス・サンドウィチを彼に提供した、彼はそれを丁寧に断った。彼は世馴れた人のように言った、「私達は食物についてここで非常にたくさんのルールを持っています。」(彼は洗練されたイングリシュを使った。)「随分馬鹿げている。しかし貴方もご存知です、宗教の中心地、それが何であるかを、私はそれはロウムー或いはカンタベリに於いても同じ事だと思います、」彼は僕に手際のよい独特の軽いお辞儀をしな

「これはラシアンサラドゥにかなり近い味がするーただ乾き気味だ。」 「僕はその気にならない。」 「僕が試しても気になりませんか?」 「いや、いや、もちろん平気。」 彼は大口で齧りついた、するとそれは砕けバリバリ音を立てた。離れた所で白や桃色の石の中の仏陀が彼の先祖代々の家から乗って出て行き、彼の従者はー別の彫像ー彼を走りながら追った。女性の枢機卿は彼女達の家に周り歩いて戻ろうとしていた、そして神の目

記事: Blog2_Post
bottom of page