top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

日刊新聞の記者らは、制作する紙が全くなく、学校警備官は、ブラムリやストゥリーサムへ帰宅していた、牧師たちにその日に何があったのか、僕は全く知らない―多分彼らは、彼らの説教を準備するために屋内にいる。作家について言えば(彼らのためにクラブが設立された)、彼らの殆ど全員が壁に掛けてある―コナン・ドイル、チャールズ・ガーヴィス、スタンリ・ウエイマン、ナットゥ・グールドゥ、特別に任命され、その上著名で、よく知られた顔を持っていた。貴方が片手の指で数えられる生存者。僕が何時もクラブで寛(くつろ)いでいたのは、そこには、作家仲間に会う可能性がさほどないから。

 僕はヘンリがヴィエンナ・ステイクを選んだのを覚えている―それが彼の潔白の現れだった。僕は 彼が何を注文し、ウィーナー・シュニツ゚ェルのような何かを期待しても、彼にはどのような裏もなかったと心底信じる。彼は、ホウム・グラウンドゥから離れ、彼は、寛ぐには余りにも気分が悪かったので、皿の上で論評し、何とかしてやっと、ピンクのべとべとした混合物を詰め込んで、きれいに平らげた。僕はフラッシュライトゥの前の、その尊大な様子を覚えていて、彼がカビネットゥ・プディングを選んだ時、彼に警告しようとするどのような試みもしなかった。忌まわしい食事の間(その日そのクラブは、許容範囲を超えていた。)、僕たちは何に関しても、苦心して話さなかった。ヘンリは、報道陣に日々報じられた英国委員会の会報向けの内閣機密の顔を添えようと全力を尽くした。僕たちがカフィを求めてラウンジの中に入ると、擦り切れた黒いバス織りのソウファの中、火の側に全くぽつんとしている自分達に気付いた。

90

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page