top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

「私は貴方に書く必要も、又話す必要性も持ち合わせない。私が話そうとする前に、何もかも知っている。それでも誰かが愛し、誰かが何時も使って来た変わることのない、使い古した手口を使う必要性を感じます。私は只愛し始めていると自覚しています。それなのに、もう私は全てを捨ててしまいたい。貴方ではない誰も彼も、怯えと習癖だけが、私を引き留めます。愛しい人・・・」そこにはもう何もない。それは私を厚かましく睨み上げ、そこで僕は、彼女が嘗て僕に宛てた覚書全てのどの目鼻立ちも、何故忘れてしまったのかと、思わざるを得ない。僕はそれを取って置こうと思ったのか、もしそれが彼女の愛情に対して、それ程完全にこれまで明かして来たのなら、僕のそれを取って置くことへの不安のために、彼女は何時もあの頃、彼女はそれを「針金の間に」置いたように、僕に手紙を書くのに神経を使った。しかしこの最後の恋は、針金の籠を飛び出した。それは視野の外のそれの間に置かれるのを拒んだ。そこには僕が覚えていた一つの婉曲語句「玉葱」があった。愛は、「玉葱」に、行為そのものでさえ「玉葱」になった。「もう私は全てを捨ててしまいたい。貴方ではない誰も彼も。」それに玉葱を僕は思った、嫌悪を伴った、玉葱を―それが僕の持ち時間で辿る径だった。

76

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は彼の学校の人々と好意的に接することにした、それは彼らを戸惑わせ、不快感を与えた、男子らと教師らとの間の隠された戦いという校内の伝統の所為で、僕達は譬え同じ学校の評議員の取り扱いが不道徳であろうが、何処で関係したかそれをごまかし、嘘を吐き、或いは騙すことは少しも恥ずかしいとは思わなかった。ジョージもまた寮の教師達を可能な限り戦況や男子らとの親交の受容を拒否することによって敵意を抱かせた。二人の寮

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼とアーヴィンが実際上りの最後の500ヤードゥを達成したかどうかも、或いは彼らは引き返したのかどうか、或いは何かがあったのかどうか誰一人知らない;しかしジョージと登ったことのある誰もが彼は頂上に達し、下降のために十分な備えを自らに残すこともなく彼の何時もの調子で喜んだと信じている。僕は彼の萎えた気持ちへの矯正手段として、ウインチェスタでの―給費生の間、彼はもっぱら登ることに熱中したとということ、そ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼はその後も彼のほとんど無謀な勇敢さを失わなかった、今までに登山技術について知られている筈のそこの全てを知り尽くしていた。僕は何時もロウプを着けていると彼は全く安全だと感じた。ジョージは砲手‐中尉として戦争を生き抜いたが、休暇中、ロック・クライミングで彼の神経を保った。 その戦争が終わった時、ジョージは前よりずっと山を愛した。彼はマウントゥ。エヴァリストゥ(エヴェレストゥ)での彼の詩は5年後に訪れ

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page