top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

更新日:2022年2月17日

彼らはウオーナーズやその他で僕の本の一つのフィルムを見ていた。一部「誇示する」ために、一部、キスは儀礼的であるため、何故か従わされなければならないと僕は思ったから、一部又、僕は未だに文官の結婚生活に興味があったから。僕はサラーに僕と一緒に来るよう頼んだ。「僕は、そりゃあヘンリに愉快じゃない依頼だと思う?」

 「どうってことないわ。」彼女は言った。

 「彼はこの後、夕食で私たちと一緒になる筈だった?」

 「彼はたくさんの仕事を自分で持ち帰っているの。或るお粗末な自由主義者が、議会で来週、未亡人について質疑を問い質そうとしているわ。」だから、自由主義者は、―確か彼はルイスと呼ばれたウェールズ人だったと思う―私たちのベッドゥは、その夜、私たちのために作った、と貴女は言っても構わなかった。

 そのフィルムはいいフィルムではなかった。そして、時々それは、状態を見るには酷く痛み、それは、僕には随分現実的で、映像のありきたりの在庫の中に巻いてあった。僕はサラーと一緒に何か他のものに行きたかった。先ず僕は彼女に言って置いた。「あれは僕が書いたものじゃない、貴女も知っているでしょ。」しかし僕はそう言い張ることができなかった。彼女は同情して、彼女の手で僕に触れた。僕たちは、子供や恋人たちが用いる天真爛漫な抱擁に、僕たちの手を取り合ってそこに座った。突然しかも予期せぬことに、たった数分の間、そのフィルムは生き返った。これは僕の小説だということも、これは僕の台詞回しだったことも僕は忘れ、安レスタラントゥでの慎ましいシーンに、純粋に心動かされた。恋人同士が玉葱付きステイクを注文して、彼女の夫はその匂いを好まなかったから、娘はちょっと玉葱を食べるのを躊躇った。恋人が傷付き、腹を立てたのは、彼女の躊躇いの背後に何があるか、彼には分からなかったから。それは彼女の帰宅時、避けられない抱擁を、彼の心に齎した。

61

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

僕の5期目の年に僕は6学年に達しハウス係になった。そこにいたのは僕達6名。彼らの中の一人、ジャック・ヤング、ハウス競技会のカプタン(キャプテン)、気さくで、大らかな奴、は或る日言った:「ここを見て、グレイヴズ、僕はハウス間バクシング(ボクシング)試合に参加者のリストゥに記載して送らなければならない。僕は君の名前を書き留めてもいい?」僕のレイマンドゥとの絶交以来バクシングはその関心を薄れさせていた;

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page