top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳


嫉妬は、又そう僕は常々信じていたのだが、欲望と共にのみ在る。旧約聖書の作家らは、その言葉「嫉妬する神」を使うことを好み、おそらくそれは、神の愛の信仰を表そうとする彼らのおおざっぱで遠回しな方法である。がそこには様々な欲望の種類があると僕は想像する。僕の欲望は、今、愛より憎しみに近く、ヘンリを僕が信頼するには訳があり、サラーが一度僕に話したことからすると、彼女に対しては、僅かな欲望でも感じることを長く止めて来た。そして未だに、僕は思う、そうした日々、僕と同じくらい彼は嫉妬した。彼の欲望は単に仲間付き合いのためにあった。彼は初めてサラーの信頼から締め出されたと思った。彼は悩み、落胆していた―彼は、何が行われていたか、何が身に降りかかろうとしていたか、知らなかった。彼はひどく無防備の中を生き続けていた。限界に向かって、彼の窮地は、私のものより酷かった。僕は何一つ所有していないという安心感を持っていた。僕は僕が失った以上持つことは出来なかったが、彼は尚も、食卓での彼女の存在、階段での彼女の足音、ドアの開け閉め、頬へのキスを所有していた―僕は今、もし他にもたくさんあるとすると、疑わしく思う。しかし一人の飢えている男には、どんなに多くとも、そのくらいがずっと相応しい。

そしておそらく何がそれを悪化させたにせよ、彼は一度は僕が持ったことのないような安心感を満喫したことがあった。。何故か、パーキスさんが共有地を横切って引き返したその瞬間には、彼はサラーと僕が嘗て恋人だったと知りもしなかった。そして僕がその言葉を書く時、僕の頭は、僕の意志に逆らって、苦悩が始まったその地点に、否応なしに連れ戻す。

 僕がサラーに電話する前、メイドゥン・レインでの不器用なキスの後、丸一週間が過ぎ去った。彼女はヘンリは映画を好まず、だから彼女は滅多に行かないと夕食で触れていた。

60

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんないかがわしい瓶にも彼女はとりあえずレイベル(ラベル)を貼り直そうとする:「これはアルフレドゥの古い腱膜瘤の膏薬」或いは:「ストウリクナイン(ストリキニーネ)疑問符?」猩紅熱とかとてつもない咳用に処方された特別な薬まで保存してあった、再感染の場合には、精力的なレイベル(ラベル)貼り、彼女は僕の学校の賞品の一つに書き込んだ;「ラバトゥ・ランカ・グレイヴズはその学期の学業と二度目の試験で彼のクラス

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

できるだけ多く戦争の話題を遠ざけた;神が戦争を許すということ、それはどのように説明すべきか、それが難しいとよくよく承知しつつ。ボーア戦争は僕の子供時代の初めを曇らせた:フィリプ、僕の兄、(彼は自分のことをフェニアンと呼んだ)、また自らをプロウ(支援)‐ボーアとも呼び、彼と父との間の朝食‐テイブルでの大変な緊張を僕は覚えている、彼の政治的な見解は決して極端ではなかった。 ウイムブルダンの家の最終的な

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

それらは僕がワーズワースの友人として触れたことがある僕の同名の人によって僕の父に遺言で残された古風な学者の蔵書から成っていた、しかし彼はフェリシア・へマンズと遥かに思いやりのある友情を交わした;これに僕の父自身の本の所蔵を加えられた、アングロ・アイリシュ文学のための特別な戸棚の中はほとんど詩;僕の母によって寄贈された祈りの著書;教育の本は内閣の学校でそれらを使うことを勧めたいという願いで出版社によ

bottom of page