top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳


若い人がその信じる仕事の習性を築き上げる時、一生持続し、どのような破局にも耐えようとする。二十年に亘り、一週間に五日間、およそ一日平均五百語になった。僕は一年で一つの小説を産み出せる。そしてそれは、校正やタイプ原稿の訂正時間をも念頭に入れてのことだ。僕は何時も非常に几帳面で、僕の仕事の割り当てが終われば、場面の最中であってさえ、僕は打ち切る。今もあの頃も何時だって、朝の仕事中、僕は僕が何をしたか、僕の原稿の上の数百の印を外して数える。印刷所は念入りな僕の仕事の概算ペイジ数を整える必要はなく、僕のタイプ原稿の頁の最前列に数字を書き込んである―83,764と。僕が若かった頃、恋愛沙汰さえ、僕のシェデュールを変えようとはしなかった。恋愛沙汰は昼食後、そしてどんなに遅くても、僕はベッドゥに向かう状態であればよしとした―僕が僕自身のベッドゥで眠る限り―僕は朝の仕事をもう一度読み、その上で眠ろうとした。戦争でさえ、僕に影響を及ぼすのは難しかった。不具な脚は、僕を陸軍から締め出し、僕が民間防衛にいた時、僕は職務の静かな朝の当番を望んだことがなく、僕の同僚の労働者たちは只々大喜びした。

僕は結果として、熱心故の全く上辺だけの名声を手に入れた。それでも、僕の机、一枚の紙、そのペンから、ゆっくりと、几帳面に滴るばかりの割り当て分の仕事に向かうと、ひたすら熱中した。僕の自らに‐課した鍛錬を滅茶苦茶にするには、サラーを必要とした。

47

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕は頂上を目指す或る登山を思い出す。そこに昨夜のブリザードゥ(暴風雪)で剥がれてその屋根が茶色のホテルを探し当てると、僕達は道標の側に座り、カールズバドゥ・プラムやリヴァ(レバー)ソシジ(ソーセージ)サンドゥウイチを食べた。ジェフリ・ケインズ、Nonesuch Blakeの編集者がティームの中にいた。彼とジョージ、彼らは彼の登山の終わりに興奮して酔い潰れ、道標から石を抜き取った:それらをホテルの高

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅸ ジョージ・マラリは本を貸すより幾らかましなことをした:彼は学校の休暇にスノウドゥンへの登山に僕を誘った。僕はハーレクで僕のベドゥルームの窓からのスノウドゥンをとてもよく知っていた。春には、その遠い冠雪が景色に感傷的な栄光を齎した。僕がスノウドゥンへジョージと一緒に行った初めての時、僕達はクエリン湖近くのスノウドゥン・レインジャ・ホテルに滞在した。あれは1月だった、そして僕達は雪に覆われたその山

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

二人のよく知られたスポーツ選手は僕の同期生だった:A.G.バウア、サッカーでイングランドゥの後のカプタン(キャプテン)、しかしカルトゥジオ教会ではただの平均的選手;そしてウールフ・バーネイトゥ、サーリクリキトゥ(クリケット)(そして百万長者自動車レイサ)、もまた並みの選手。バーネイトゥは僕自身と同じハウスにいた、僕達は4年の間、一言も言葉を交わすことはなかったが僕達は一緒にいた。5人の給費生らは自

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page