top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

僕の片机の引き出しから、僕は貴女の日記を取りそれをでたらめに捲りながら、去年の一月の日付に沿って僕は読んだ。「オウ神よ、私は貴方を実際嫌える、それにどんな意味があるのか?」そして僕は思った、サラーを憎む事は、ひたすらサラーを愛す事、自らを嫌う事は、ひたすら自らを愛す事^―モーリス・ベンドゥリクス、The Ambitious Host,The Crowned Image The Grave Water-frontの著者。ベンドゥリクス乱筆家―サラーでなくとも―もし貴方が実在すれば、貴方以外、僕たちの憎悪に価値を見出す事はない。そこで僕は考えた、時に僕はモーリスを憎んだが、喩え僕が彼をも愛さなかったところで、僕は彼を憎むに至るだろうか?オウ神よ、喩え、僕が貴方を、心底憎めたにしても・・・

 どのように彼女は信じなかった神に祈ったか、僕は覚えていた、と今、僕はサラーに話し掛ける、僕は信じなかったのに。僕は言った、生きる事に僕を連れ戻そうとして、一度は僕たち二人揃って、貴方は犠牲にした。貴女なしで、これが、どんな人生足り得るか?神を愛する事、それは貴女にとっては全て実に好都合だ。貴女は、彼を我がものにしている。僕は生きる事に喘いでいる、僕は健全である事に気が塞ぐ。もし僕が神を慈しみ始めると、僕はまさに死ねもしない。僕は、その事で何かをしようとした。僕は僕の手で貴女に触れずにはいられない、僕は僕の舌で貴女を味わわずにいられなかった。誰も愛せないし、何一つ出来ない。夢の中で貴女が一度したように気にしないでと貴女が僕に話し掛ける事、それも何の役にも立たない。もし僕が永遠にそのように愛したら、それで、何もかも終焉に至るだろう。貴女を愛してさえいれば、僕は何も食べなくても良かった、他のどんな女にも萎えてゆく欲望を感じた。ともかく彼を慈しんだところで、そこは遠くて、何事の中にも、まるで彼と共にある事の喜びは見出せない。僕は僕の仕事でさえ捨てたくて、僕はベンドゥリクスである事を止めたい。サラー、僕はどうしようもない。

278

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

そして点数で与えられる判定に任せるといい;しかし君達のどちらも互いを傷付けるな!」そうして僕達はバクシングをした。アランは彼の友達に見せつけ始めた、彼らは前列に座っていた。僕はぶつぶつ不平を言った「そんなことよせ、僕達はバクシングをしているんだ、喧嘩をしているんじゃないぞ!」ところが数秒後、彼はまた僕を殴打した、むやみに熱心に。僕は腹が立って、彼の首の側面への直撃と共に彼をナクアウトゥ(ノックアウ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page