top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

僕は簡単に出そうもない、一冊の本を書こうとしていた。僕は僕の日常的五百語を駆使しても、その役儀は、どうしても生気が漲(みなぎ)らない。書くことの多くは、人の日々の皮相に依存する。人は買い物、所得税申告、思いがけない会話に心を奪われるかも知れないが、無意識の流れは、先行きを計算に入れながら、静かに澱みなく続く。人は不毛の下に蹲(うずくま)り、机上にて意気込みは消え失せる。が突然、言葉は空気からのように出て来て、絶望的行き詰まりに閉塞されたかに見えた情況が、前方へ揺るぐ。仕事は自分が眠り、買い物をし、友人と話していても、完成した。何れにせよこの憎悪と疑念、破壊に向かうこの激情は、その本より深く埋もれて行った。ー代わりに無意識が、それに作用した。或る朝、僕が目覚めて気付くまで、まるでそれを夜通し企みでもしたかのように、この日、僕はサヴィッジ氏を訪ねることにした。

 何という風変りな所蔵品が、信頼された職業にあるのか。人は自分の弁護士を、自分の医師を、自分の聖職者を信用する、僕は提案する、もし、自分がカソリックなら、そのリストゥに自分の私設刑事を加えた。ヘンリの他の依頼人にじろじろ見られるという思いは、全く間違っていた。その事務所は、二つの待合室を持っていて、その片方に、一人で通された。それは、ヴィゴウ・ストゥリートゥで貴方が期待するものと、微妙にかけ離れていたーそこには一弁護士の所有する出張所の何となくだらけた雰囲気があった。むしろ歯医者に似ている待合室には、流行りの読み物の選りすぐりも備えてあった。

25

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

そして点数で与えられる判定に任せるといい;しかし君達のどちらも互いを傷付けるな!」そうして僕達はバクシングをした。アランは彼の友達に見せつけ始めた、彼らは前列に座っていた。僕はぶつぶつ不平を言った「そんなことよせ、僕達はバクシングをしているんだ、喧嘩をしているんじゃないぞ!」ところが数秒後、彼はまた僕を殴打した、むやみに熱心に。僕は腹が立って、彼の首の側面への直撃と共に彼をナクアウトゥ(ノックアウ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page