top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

何時か私も蒸気の役になろう―私は永遠に私自身を避けよう。そうしてその時、私はパーク・ロウドゥの暗い教会に入って全ての供物台の上の私の周りに立つ体を見た。その悦に入った顔を持った恐ろしい石膏の塑像、それで私は彼らが肉体の復活を信じていることを思い出した。私が永遠に葬られたい肉体の。私はこの体と共に、随分たくさん傷を負って来た。私は永久にその僅かでも保存することをどうして望めるのか?そこで突然私は、リチャドゥの名言を思い出した―その欲求を満たすために教義を考案する人間についての、そして私は、彼がどれだけ悪辣であるかを思った。私が教義を考案することになったら、肉体は二度と蘇らなかったということ、それは去年の害虫を道連れに腐ったということになるだろう。人間の心は後ろに前に揺れ動く。一つの極端からもう一つの極端へと。真実は、振り子の振幅の或る目盛で欺き、決して静止しない一つの目盛りで、弛んだ垂線の中ではなく、風のない旗のように、それが仕舞に何処でだらりと垂れるかが大切だ。しかし角度においては、他より一つの極端により近いのか?只、奇跡が60度の角度で振り子を止められたら、人は真実はそこにあったと信じるだろう。さて、振り子は今日も揺れ動き、私自身の体の代わりに、モーリスのを思った。私は、彼の著作の一行と同じくらい個性的な命が、彼の顔の上に置いた確かな輪郭を思った。私は、嘗て彼が、落下する壁から他の人の体を庇おうとしなかったら、そこにある由もない肩の新しい傷跡を思った。何故あの三日を病院で過ごさなかったのか、彼は私に打ち明けなかった。ヘンリが私に話した。あの傷跡は、彼の嫉妬と同程度の度を越した彼の性格の顕われだよ。 

158



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんないかがわしい瓶にも彼女はとりあえずレイベル(ラベル)を貼り直そうとする:「これはアルフレドゥの古い腱膜瘤の膏薬」或いは:「ストウリクナイン(ストリキニーネ)疑問符?」猩紅熱とかとてつもない咳用に処方された特別な薬まで保存してあった、再感染の場合には、精力的なレイベル(ラベル)貼り、彼女は僕の学校の賞品の一つに書き込んだ;「ラバトゥ・ランカ・グレイヴズはその学期の学業と二度目の試験で彼のクラス

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

できるだけ多く戦争の話題を遠ざけた;神が戦争を許すということ、それはどのように説明すべきか、それが難しいとよくよく承知しつつ。ボーア戦争は僕の子供時代の初めを曇らせた:フィリプ、僕の兄、(彼は自分のことをフェニアンと呼んだ)、また自らをプロウ(支援)‐ボーアとも呼び、彼と父との間の朝食‐テイブルでの大変な緊張を僕は覚えている、彼の政治的な見解は決して極端ではなかった。 ウイムブルダンの家の最終的な

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

それらは僕がワーズワースの友人として触れたことがある僕の同名の人によって僕の父に遺言で残された古風な学者の蔵書から成っていた、しかし彼はフェリシア・へマンズと遥かに思いやりのある友情を交わした;これに僕の父自身の本の所蔵を加えられた、アングロ・アイリシュ文学のための特別な戸棚の中はほとんど詩;僕の母によって寄贈された祈りの著書;教育の本は内閣の学校でそれらを使うことを勧めたいという願いで出版社によ

bottom of page