top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

The End of the Affair/Graham Greene 成田悦子訳

 昨日、私が彼を待っている間に、共有地のとある場所に演説者が現れた。I.L.P.(独立労働党)と共産党、それに冗談ばかり言う男、又、そこには、クライストゥ教を攻撃している一人の男がいた。南ランダン合理主義者協会、或いはそれに似た何らかの名称。彼は、片頬を覆った痣さえなかったら、美貌だったろうに。彼の聴衆は、ほんの少人数で、ヤジを飛ばす人はいなかった。彼は既に死んだ何ものかを攻撃していたが、何故、彼が面倒を引き受けるのか、私は不可解だった。私は、数分立ち止まり、耳を傾けた。彼は神の論争に対して主張していた。私は実際は分からなかったが、そこには―私が一人きりではないと思う、この臆病な窮乏を除く何かがあった。

 私は、心変わりして、彼は家に戻るよと言う電報を送ったかも知れない、と唐突な不安を抱いた。私が何を最も恐れるのか私には分からない―私の落胆か、或いはモーリスの落胆か。それは、私たち二人同時に、同じ様に動かす。私たちは、口論で荒捜しをする。私は私自身に腹が立つし、彼は私に腹が立つ。私は家に戻ってみたが、そこに電報はなく、その上、モーリスに会うのに、十分遅れ、彼の怒りに触れそうで、イライラが募って行った、ところがその時、予期せぬことに、彼は私に優しかった。

 私たちは、以前、こんなにも長い一日を過ごしたことはなく、一緒にいる為に、そこには丸一晩があった。私たちは、レティスにロウルパンにバタ‐割当量を買った―私たちは、たくさん食べられなかった、それは、もう暑かった。それは今も暑い。誰も彼も口々に言う、何て心惹かれる夏かしら、それに私は、ヘンリと落ち合うために田舎へ向かう汽車の中。やがて全て通り過ぎる、未来永劫。私は怯える。これが不毛だ。そこには、辺り一面、誰もいない、何もない。もし私がランダンに居たら、直ぐに潰されるかも知れない。何れにせよ、もし私がランダンに居たら、電話に向かい、私が愛情で分かる唯一の番号のベルを鳴らそうとする。

134

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page