top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 18の年に、僕の母はブリテインさんへの付き添いとしてイングランドゥへ行った、孤児として僕の祖母に助けられた孤独な老婦人、そうして17年間彼女の手足となって身の回りの世話をした。彼女はついに他界し、僕の母は、彼女の唯一の相続人で、その意志からそもそも利得を得ることはないだろうという老衰の印象の下、彼女には10万パウンドゥの財産があったということが判明した。お手本通り、僕の母は彼女の4

人の妹達のそれぞれに遺産を分配した、5分の1だけは手元に置いた。彼女はインディア(インド)に行こうと決心した、医療の伝道者としての短い訓練の後。この大望はやがて5人の子を抱えた男やもめ、僕の父を知る事で挫かれた;彼女は家庭伝道師分野でのいい仕事としてやって行けるだろうということ、それが彼女にも明らかになったのだ。グレイヴズ家は1485年にミルファードゥヘヴンにヘンリ7世と共に上陸したフレンチ騎士まで遡る系図を持つグレイヴズ大佐円頂派は一族のアイリシュ分家の創始者として承認を求められる。彼は嘗て負傷しテイムの市場で死へと旅立った、その後カリスブルーク城で国王チャールズ1世の要請を受けた、そして遅れて王党派になった。リメリックはこの分家の中にいた。その中の臨時の兵と医師らは主として担保だった;直通郵便網は教区司祭の序列を掌握した、首席司祭、そして司教、僕の曽祖父ジョン・クロズビー・グレイヴズ、彼はダブリンの国王直属警察裁判所判事だった。リメリック・グレイヴズはどんな「技能」或いは機械のセンスすらなかった;しかし座談家として広範な評判を得る。

11

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page