top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 18の年に、僕の母はブリテインさんへの付き添いとしてイングランドゥへ行った、孤児として僕の祖母に助けられた孤独な老婦人、そうして17年間彼女の手足となって身の回りの世話をした。彼女はついに他界し、僕の母は、彼女の唯一の相続人で、その意志からそもそも利得を得ることはないだろうという老衰の印象の下、彼女には10万パウンドゥの財産があったということが判明した。お手本通り、僕の母は彼女の4

人の妹達のそれぞれに遺産を分配した、5分の1だけは手元に置いた。彼女はインディア(インド)に行こうと決心した、医療の伝道者としての短い訓練の後。この大望はやがて5人の子を抱えた男やもめ、僕の父を知る事で挫かれた;彼女は家庭伝道師分野でのいい仕事としてやって行けるだろうということ、それが彼女にも明らかになったのだ。グレイヴズ家は1485年にミルファードゥヘヴンにヘンリ7世と共に上陸したフレンチ騎士まで遡る系図を持つグレイヴズ大佐円頂派は一族のアイリシュ分家の創始者として承認を求められる。彼は嘗て負傷しテイムの市場で死へと旅立った、その後カリスブルーク城で国王チャールズ1世の要請を受けた、そして遅れて王党派になった。リメリックはこの分家の中にいた。その中の臨時の兵と医師らは主として担保だった;直通郵便網は教区司祭の序列を掌握した、首席司祭、そして司教、僕の曽祖父ジョン・クロズビー・グレイヴズ、彼はダブリンの国王直属警察裁判所判事だった。リメリック・グレイヴズはどんな「技能」或いは機械のセンスすらなかった;しかし座談家として広範な評判を得る。

11

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page