top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は娶(めと)った、ランダンで、僕の祖母を、小さな、清い、脅えたシュレスヴィヒ‐デイン、グリニジ天文学者ティアークスの娘。彼女の父が天文学に傾倒する前、ティアークス家は、そう思える、父と息子の間で代わるがわる職業に就くというデンマーク国のシステム、全て酷いものというわけではないが、に従って来た。奇数の世代はブリキ屋だった、そして偶数の世代は牧者だった。僕の比較的礼儀正しい特性は僕の祖母まで遡(さかのぼ)る。彼女は十人の子を持った;この内の最年長が、僕の母で、ランダンで生まれた。僕の父の無神論と急進主義は落ち着いた。彼はついにジャーマニ(ドイツ゚)に帰還した、そこで彼はミューニク(ミュンヘン)で、それにイウアラプで初めて彼の子供の患者用に清浄なミルクを要求した事でもよく知られた小児科医になった。彼は月並みな手段では病院に清浄なミルクを持って来ることはできないということに気付くと、彼は彼自ら模範酪農場を始めた。彼の不可知論は僕の信心深く、ルター派の祖母を悲しませた;彼女は彼のために祈ることを止めなかった。それにしても彼女の子供達の魂を救うことに殊更集中した。

 僕の祖父は全く罪深くない人で死ななかった;彼の最後の言葉は:「私の父である神よ、彼の人に少なくとも私は掴まっている。」

9

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page