top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 これがアイアランドゥだった、僕達は自ら意識的にアイリシュ(アイルランドゥ語や地元の伝説を学ぶべきだった;しかし僕達はアイアランドゥに行こうともしなかった、嘗て僕が腕の中で乳児だった時以外。その代わり僕達はより純粋にウエイルズを知りたくなった、地方の伝説にしてはあまりにも古い歴史を持つ地として;そこを散歩しながら僕達は僕達自身を作り上げた。僕達は立っている石の下に誰が埋められて眠るのか、誰が壊れた丸い小屋の宿営所に住んでいたのか、谷の洞窟の中のどこでその大きなナナカマドは育ったのかを決定した。僕達のジャーマニへの訪問中、素朴な人間の様子に僕は母国という意識を呼び覚まされた、しかしハレックの上に僕は歴史とか地勢に無縁な独自の平和を見つけた。僕自身として初めて僕が書いた詩はそれらの丘に纏(まつ)わるものだった。(グレイヴズとして僕が書いた初めての詩はカタラスの風刺文の一つの翻訳だった。)

 僕達の多忙で心ここにあらずの父は僕達子供のことを心配しなかった;僕達の母は心配ばかりした。しかし彼女は朝食後直ぐに丘に消えても僕達を許した、僕達が夕食時間後、随分経って帰宅しても大した文句も言わなかった。

60

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

そして点数で与えられる判定に任せるといい;しかし君達のどちらも互いを傷付けるな!」そうして僕達はバクシングをした。アランは彼の友達に見せつけ始めた、彼らは前列に座っていた。僕はぶつぶつ不平を言った「そんなことよせ、僕達はバクシングをしているんだ、喧嘩をしているんじゃないぞ!」ところが数秒後、彼はまた僕を殴打した、むやみに熱心に。僕は腹が立って、彼の首の側面への直撃と共に彼をナクアウトゥ(ノックアウ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

何れにせよ僕の母はそのカードゥを持ち去り、仕切り部屋にそれを無事に置いた、僕のチェインおばあさんから相続されたアン王女の銀貨と一緒に、ヴィクトーリア女王は、彼がダブリンで彼女の前で説教した時、彼に与えた主教グレイヴズのダイアマンドゥ・リング、僕達のクライストゥ教信者用マグカプ、そしてミス・ブリトゥンによって遺言に残されたヴィクトーリア調宝石類、そして仕切り部屋の宝物は決して仕切り部屋を離れなかった

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はアランのおかげで案外簡単に事が運ぶという考え方を全く好まなかったが、確かに僕は試合に参加せざるを得なかった。僕の息遣いは、フトゥボールでは申し分ないが、バクシングのラウンドゥに次ぐラウンドゥと同じであるはずがない、僕の闘いは短くなければならない。ハウス執事は僕のためにチェリ・フイスキ(チェリー・ウイスキー)一瓶をこっそり持ち出したー僕はそれで戦いを短くしよう。 僕は僕の一生でそれまでに何かアル

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page