top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕が初めてパスポートゥを取得した頃、1926年には便利なものだった、僕は「ライタ(作家)」と記入しようかと思った、しかしパスポートゥ役人はしばしばその言葉に複雑な反応をした。「大学教授」には通り一遍な反応を得る:下らない敬意。どんな質問もしない。そこでまた「陸軍大尉(恩給受給名簿)」と付加。

 僕の身長は6フィートゥ2インチ、僕の目は灰色、僕の髪は黒として与えられている。「黒」に厚くカールしていると付け加えられるべきだ。僕は誤ってどんな奇癖も持っていないと説明される。初めに、そこに僕の大きなワシ鼻がある、僕はサカ(サッカー)選手達と愚かにもラグビをしている間に移動式木造住宅でそれを折った。(僕は他の選手の鼻を同じゲイム中に僕自ら折った。)あれが、それを不安定にした、バクシング(ボクシング)はそれを斜めにした。ついにそれは未熟な陸軍外科医によって手術された、そしてもはや僕の顔の左と右側の間の縦方向の境界線として役に立たない。それは当然調和しないー際立ってすっかり歪められた僕の目、眉そして鼻、そして僕の頬骨、それはかなり高く、違う水準になっている。僕の口は何を知られているのか「ぽってりした」一物だ。そして僕の笑顔は口を結んだままだ:僕が13だった時、僕は前歯二本を折り、それらを見せる事に敏感になった。僕の手も足も大きい。

6

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page