top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

休日から学校への帰還に関しては、家‐そのものから学校‐そのものまでの変化‐あらん限りの、は一瞬の内だ、ところが逆の過程は少なくとも2週間を要す。予備学校生は、彼の監視を逃れた時、彼の母を「どうか寮母、」と呼びかけ、何時も主人のように「サー」としてどんな男の親戚にも、或いは家族の友人にも声をかける。僕は決まってそうした。学校生活が現実のもので家庭生活は幻と化す。イングランドゥでは、統治階級の両親らは、事実上およそ8歳くらいからあらゆる彼らの子供達との肉体的接触を保てなくなる、そして学校生活の中で家庭的感情を仄めかす彼らの側のどんな試みも怒りを買う。

 次に、僕はカプソーネヘ向かった、サセクスの典型的に優秀な学校。その校長は僕の年齢で僕を認めることを渋った、よりにもよって、あんなひどい最近の経緯(いきさつ)のある学校から来たんだもの。如何に一家の文学的結託が策略を講じるか、校長は、仮に彼が僕を困らせたところで、僕は奨学金を勝ち取り得ると見た。僕の気落ちした様子は、僕が着いたその瞬間を締めくくった。僕のずっと年下の弟チャールズはこの学校まで僕の後をついて来た、ウイムブルダンの全日制の学校から連れ去られるように;そして、その後、僕の最も年下の弟ジョンは家から直接そこに通った。その学校がどれだけ立派で型に嵌っていたかは、ジョンのケイスに垣間見(かいまみ)えるはずだ。誂(あつら)え向きの善行、僕が言う通りの、正常な人間、彼は家庭からそこに直接通った。

33


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page