top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 僕の母はロウマン・カサリクの恐怖を僕に教えた、僕は随分長くそれを忘れなかった。実は、僕がその倫理よりも成長してしまったからではなく、そのカサリクの原理の恐怖にプラタスタンティズムを放棄した。僕の宗教鍛錬は恐怖故に大きな能力を僕の中で開発したー僕は絶え間なく地獄の恐怖にひどく苦しめられたー迷信的な道義心や性的困惑、それらから僕は僕自身を開放すること、それは非常に難しいと気付いた。彼らが信じるのを止める時、プラタスタントゥが失う最後のものは、完全な人間としてのクライストゥの洞察力だ。それは何年もの間、感傷的に、僕と共に存続した。18歳の時、僕は「荒野にて」と名付けた一編の詩を書いた、身代わり(他人の罪の犠牲者)を出迎えているクライストゥについて、それが不毛の地を彷徨うに連れーそれは、もちろん、身代わりが何時もそのレビ人(ユダヤの神殿で祭祀を補佐したもの)の参加者らによって断崖の向こう側に押されてから不可能になっただろう。「荒野にて」は少なくとも、70の選集に掲載された。不案内な人々は何時もどれだけの心強さをそれは彼らに与えたのかを言おうとして僕に対して書き、僕がですか、etc.?

26

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page