top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 僕の母はロウマン・カサリクの恐怖を僕に教えた、僕は随分長くそれを忘れなかった。実は、僕がその倫理よりも成長してしまったからではなく、そのカサリクの原理の恐怖にプラタスタンティズムを放棄した。僕の宗教鍛錬は恐怖故に大きな能力を僕の中で開発したー僕は絶え間なく地獄の恐怖にひどく苦しめられたー迷信的な道義心や性的困惑、それらから僕は僕自身を開放すること、それは非常に難しいと気付いた。彼らが信じるのを止める時、プラタスタントゥが失う最後のものは、完全な人間としてのクライストゥの洞察力だ。それは何年もの間、感傷的に、僕と共に存続した。18歳の時、僕は「荒野にて」と名付けた一編の詩を書いた、身代わり(他人の罪の犠牲者)を出迎えているクライストゥについて、それが不毛の地を彷徨うに連れーそれは、もちろん、身代わりが何時もそのレビ人(ユダヤの神殿で祭祀を補佐したもの)の参加者らによって断崖の向こう側に押されてから不可能になっただろう。「荒野にて」は少なくとも、70の選集に掲載された。不案内な人々は何時もどれだけの心強さをそれは彼らに与えたのかを言おうとして僕に対して書き、僕がですか、etc.?

26

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page