top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 僕は、宗教の教義を受け入れたのと同様、自然にこの階級分離を受け入れ、20年近く後までとうとうそれを捨てなかった。僕の両親は未だ嘗て攻撃的、彼らを撃墜せよタイプ、ではなく自由主義かもっと厳しく、自由主義的労働組合員だった。宗教的論理は、少なくとも、彼らは生き物仲間として彼らの雇用者を取り扱った;しかし社会的差別は依然として明確に定義されたままだった。賛美歌集はこうしたことを是認した:

彼は彼らを高貴にも卑近にも作り、

彼らの地所を命じた・・・

僕はよく彼女が、プディングの何かが残されたとしても食べられる、ということをメイドゥに告げ、或いは何らかの不注意のためにその料理を叱る時の母の声の調子を思い出すことができる。それは厳しさを強いた、途方に暮れてほとんど残酷ですらあった。僕の母は、生まれつき気楽であり、だろう、僕は信じる、一切召使なしで済ませたかった。彼女達は家の中で外国人の体のように見えた。僕は召使のベドゥルームを覚えている。彼らは踊り場の一番上にいた、家の最も活気のない側で、それに時代の慣習により、カーペトゥもリノリウムもないただの空間。

24

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page