top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 僕は、宗教の教義を受け入れたのと同様、自然にこの階級分離を受け入れ、20年近く後までとうとうそれを捨てなかった。僕の両親は未だ嘗て攻撃的、彼らを撃墜せよタイプ、ではなく自由主義かもっと厳しく、自由主義的労働組合員だった。宗教的論理は、少なくとも、彼らは生き物仲間として彼らの雇用者を取り扱った;しかし社会的差別は依然として明確に定義されたままだった。賛美歌集はこうしたことを是認した:

彼は彼らを高貴にも卑近にも作り、

彼らの地所を命じた・・・

僕はよく彼女が、プディングの何かが残されたとしても食べられる、ということをメイドゥに告げ、或いは何らかの不注意のためにその料理を叱る時の母の声の調子を思い出すことができる。それは厳しさを強いた、途方に暮れてほとんど残酷ですらあった。僕の母は、生まれつき気楽であり、だろう、僕は信じる、一切召使なしで済ませたかった。彼女達は家の中で外国人の体のように見えた。僕は召使のベドゥルームを覚えている。彼らは踊り場の一番上にいた、家の最も活気のない側で、それに時代の慣習により、カーペトゥもリノリウムもないただの空間。

24

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Комментарии

Оценка: 0 из 5 звезд.
Еще нет оценок

Добавить рейтинг
bottom of page