top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

「オウ、」看護婦達は彼がいなくなった後、嘆いたものだ、「オウ、彼は彼らが連れ去った時、彼の可愛らしい白い外套を纏った幼い紳士に見えた!」「あの若いマシウ(マタイ)は正当なダンディだった。」幼い無産階級らを真似た病院での2ヶ月からの僕の帰宅で、僕のアクセントは強く非難され、病棟の少年達は実に下品だということを学んだ。僕は「下品」が何を意味するのか知らなかった;それは僕に説明されなければならなかった。およそ1年後、僕はアーサーに会った、9つの少年、彼は病棟にいて、僕達がどちらも良くなってからクリキトゥ(クリケット)の遣り方を僕に教えた。彼は結局ぼろを着た使い走りの少年になった。病院で、僕達は、同じ制度化したナイトゥガウンをそろって着ていた、それに僕はこんなに違う岩棚から出て来たとは知りもしなかった。ところが僕は不意に二種類のクリスチャンー僕達そのものと、更に低い階級があると僕の初めての上流気取りという戦慄と共に悟った。召使らは僕達子供を「マスタ(主人)ロバトゥ」、「ミス(嬢)ロウザリーン」、そして「ミス・クラリッサ」と呼ぶよう訓練された、それにしても僕はこうした名ばかりの敬意のようなものを認めなかった。僕は、単に他の人々の子供に呼び掛けることのために使われた呼びかけの接頭辞のように「マスタ」や「ミス」のことを考えていた;それでも今は、召使らが低い階級であること、僕達は「僕達そのもの」であるということに僕は気付いた。

23

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Commenti

Valutazione 0 stelle su 5.
Non ci sono ancora valutazioni

Aggiungi una valutazione
bottom of page