top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕達は頑強なモラリストゥになることを学び、自己分析と優れた決断力で僕達の時間の多くを費やした。僕の姉妹ロウザリーンは彼女の子供部屋の一角に活字の貼り紙を貼り出したーそれはまさに僕によって僕によって貼り出されたも同然と言ってもよかった:「私は言ってはいけない『胸をどんと叩け』も『豚死』も、それは失礼だから」

 僕達は実にささやかなパキトゥ‐マニ(ポケットマネー)を与えられた1週間に1ペニ、12の年に2ペンスに昇給に伴い、叔父か他の訪問者から届いた臨時の収入はお金の一部分をバーネイドの養護施設や乞食に寄付することを奨励した、盲目の物乞いは点字で声を出して聖書を読みながら、ウィムブルダン・ヒルの舗装道路の上に何時も座っていた;彼は実は盲目ではなかったが、彼の目をひっくり返せたので、生徒達を瞼を下げる度に数分隠し続けた、それはわざとらしく煽ぎ立てられた。僕は度々彼に恵んだ。彼はお金持ちとして死んだ、そして彼の息子には大学教育を供与できた。

 僕がスウィンバーンの後会っていると記憶している初めての卓越した作家は、P.G.ウドゥハウスだった、僕の兄弟パースヴァルの友人、彼を彼は後に穏やかに「Ukredge」として風刺的に描いた。ウドゥハウスはその時二十歳になったばかりだった、ザ・クラブのスタフで、ザ・カプタン(キャプテン)誌に学校話を書いていた。彼は僕に1ペニを与え、僕はそれでマーシュメロウ(マシュマロ)手に入れるよう僕に助言した。あの時はあまりにも気後れし過ぎて、あれ以来僕は彼の仕事に関して批判的になることを自らに許さなかった。

21

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page