top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

 僕の父が僕の母を知ったのは、それはこのクラリサ‐リーアポウルドゥ親戚関係を通じてだった。僕の母は、たちどころに彼に打ち明けた、彼女は、僕の父が主として思い出すがままにものを書くことへの讃歌、「父なるオウリアン」を好もしく思いますと。彼は伝統的なジグの旋律「The Top Cork Road]に言葉を載せた、それを彼は彼の少年期から覚えていた。サー・チャールズ・スタンフォードゥは設定のための数和音(数コードゥ)を提供した。僕の父は1ギニで完成した権利を売った。大酒飲み、出版社は何千も作った。サー・チャールズ・スタンフォードゥ、彼は作曲家として著作権料を構想した。また非常に多額を集めた。最近僕の父は蓄音機の権利ということで数パウンドゥ送られた。彼はこの全てが厭(いと)わしくはない、しかし僕のどんな仕事の完成した権利も宗教上ほとんど値を下げて売ろうとしないことを嘗てよりもずっと僕に印象付けた。

 僕の父が詩人であるということは、少なくとも、詩人へのどんな誤った敬意からも僕を救って来た。彼を知り、僕を知らない人々に僕が遇(あ)う時、僕は喜びさえする。食事の後食器を洗っている間、或いはエンドウの殻を剝きながら、或いは同じ折に触れて、僕は彼の歌の幾つかを歌う。彼は一度も僕に書き方を教えようとも、或いは僕の真面目な詩の解釈をしてみせようともしなかった;彼のものについてのアドゥヴァイスを求める準備が何時もそれ以上にできていた。僕に書くのを止めるように仕向けることもまたしなかった。彼の陽気な初期の仕事は最高だ。His Invention of Wine(彼のワインのインヴェンション)、例えば、それは始まる:

15

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page