top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

更新日:6 日前


僕はちょうどカルトゥジオ修道会を終え、ハーレックに上って来たところだった、イングランドゥがジャーマニイ(ドイツ)に宣戦布告した時は。1日か2日遅れで僕は僕は入隊することを決意した。最初の地で、新聞はただ非常に短い戦いー外見にはクリスマスまでに終わるー僕はそれは10月のオクスフォードゥ行きに遅れるほど長く続いても仕方ないと見込んだが、それを僕は恐れた。戦いに積極的に従事させられるという可能性もまた徐々に消えた、故国での守備隊兵役に期待しつつ、しかし一定の軍事力が消失していた。2番目の地で、僕はベルジャン(ベルギーの)の中立というジャーマン(ドイツの)の皮肉な違反について読んで憤慨させられた。僕はおそらく戦時の誇張として残虐行為の詳細の20パーセントゥ、それは、もちろん、十分ではなかったと割り引いて読みはしたが。最近では年代順に新聞を切り抜いて次の同時代を予見することにしている。

145

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page