top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳


自叙伝の慣習を受け入れる僕の心構えの証拠として、僕の二つの最初の記憶をまず僕は書きましょう。一番目は1897年の女王ヴィクトーリアのダイアマンドゥの祝典のために飾られた四輪馬車と幌馬車の行列を見物しようと窓辺で忠誠を示すかの如く持ち上げられたことだ(これはウィムブルダン(ウィンブルドン)であった、そこで僕は1895年7月24日に生まれた)。二番目は子供部屋の戸棚を一種絶望的な恐怖の念で見上げることだ、それは思いがけず開けっ放しになっていたりする、シェイクスピアの八折版本の巻で天井まで埋まっていた。僕の父はシェイクスピアの読書サークルを組織して来た。僕は、これがシェイクスピア入れだとずっと後まで知らなかったが、一見して、僕は既に応接間の行事に強烈な衝動を覚えていたようだ。つまり高名な訪問者達が家にやって来ると、かのシェイクスピアの博識を持ったサー・シドゥニー・リーのように、或いはロードゥ・アシュボーン、未だ貴族ではない、かの「アイアリシュ(アイルランド人)のためのアイアランドゥ(アイルランド)」という声高な話っぷりと、かの黄金色のキルトゥ、或いはイウステイス・マイルズ、イングリシュ現ーテニスチャムピアンにして、かの外来種ナトゥ試供品を供給するヴェジテアリアン、僕は彼らの事なら僕なりに何でも知っていた。

3

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕はそのように被害を限定したことを誇りに思った。君は一目それを見なきゃ。」 ハーレク・ゴルフ・クラブ事務官は僕が入隊することの代わりに任務に就くことを提案した。彼は最も近い連隊の本部に電話をかけたーレクサムのロイヤル・ウェルチ・フュージリアーズーそして僕がカルトゥジオ修道会で将校の訓練会社に務めていたと副官に話した。その副官は言った:「彼をすぐに送ってください。」8月11日に僕は僕の訓練を始め、た

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

僕の兄弟のジョンは彼に1年か2年前に会った、そしてリームズ(ランス)への来訪に触れた。僕の叔父は彼を肘で軽くつついた:「大聖堂を一目見てくれ。一日、戦争中に、師団大将は僕に要求した。『砲手‐副官フォン・ランカ、私はお前がルーサラン(ルター派)で、ロウマン・カサリクではないと理解したんだが?」僕はこのことはそうですと白状した。それから彼は言った:『私はお前にとって実に嫌な兵役を遂行する、副官。ああし

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

コンラドゥは戦争中ずっと優秀な異邦人の連帯と共に勤めた、やがて「プール・ル・メリトゥ」を勝ち取った、ブリティシュ・ヴィクトーリアより更にずっと稀にしか授与されない勲章を。戦後間もなくバルトゥ三国の村でボルシヴィク(ロシア社会民主労働党多数派)らが彼を殺した。そこに彼は挑発するために送られた。コンラドゥは紳士的で誇り高いやつで、博物学に主として関心があった、彼は野生動物の習性を研究しようと森の中で時

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page