top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

そして、詩の出来栄えは必ずしもこれで損なわれなかったが、多くの読者は1863式によって1913年に書かれた作品に対して偏見を持ちかねない。

 ジョージ・マラリ、シリル・ハートゥマン、レイマンドゥそして僕は1913年の夏にGreenChartreuseと名付けられた1冊の雑誌を出版した。それは1号だけにしようと計画された」;公立学校における新しい雑誌は何時も第1号は売り切れる、そして第2号で大損をする。Green Chartreuseから校内訛りで書いた自叙伝趣味の僕自身の投稿の一つを引用しよう。

102

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼は彼の学校の人々と好意的に接することにした、それは彼らを戸惑わせ、不快感を与えた、男子らと教師らとの間の隠された戦いという校内の伝統の所為で、僕達は譬え同じ学校の評議員の取り扱いが不道徳であろうが、何処で関係したかそれをごまかし、嘘を吐き、或いは騙すことは少しも恥ずかしいとは思わなかった。ジョージもまた寮の教師達を可能な限り戦況や男子らとの親交の受容を拒否することによって敵意を抱かせた。二人の寮

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼とアーヴィンが実際上りの最後の500ヤードゥを達成したかどうかも、或いは彼らは引き返したのかどうか、或いは何かがあったのかどうか誰一人知らない;しかしジョージと登ったことのある誰もが彼は頂上に達し、下降のために十分な備えを自らに残すこともなく彼の何時もの調子で喜んだと信じている。僕は彼の萎えた気持ちへの矯正手段として、ウインチェスタでの―給費生の間、彼はもっぱら登ることに熱中したとということ、そ

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

彼はその後も彼のほとんど無謀な勇敢さを失わなかった、今までに登山技術について知られている筈のそこの全てを知り尽くしていた。僕は何時もロウプを着けていると彼は全く安全だと感じた。ジョージは砲手‐中尉として戦争を生き抜いたが、休暇中、ロック・クライミングで彼の神経を保った。 その戦争が終わった時、ジョージは前よりずっと山を愛した。彼はマウントゥ。エヴァリストゥ(エヴェレストゥ)での彼の詩は5年後に訪れ

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page