top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

更新日:1月11日

プロウログ


僕が或る処は書き、或る処は口述した、この本、複雑な国内危機最中(さなか)の28年前、修正にごくわずかな時間を費やし。あれは、僕がそれまでにかなり多くのしきたりを破って来たイングランドゥとの僕の苦渋の去るという選択だった;口論をするか、或いは縁を切られたりした、僕の友達のほとんどに;企てられた殺人の容疑に関して警察に厳しく尋問された;そして誰が僕の事をどう思おうと気に病むのを止めた。

 Good-bye to All Thatを何度も読む内に、1929年以来初めて、僕はどのように僕の出版社は名誉棄損の訴訟を免れたのかしらと思った。

 国内の危機は何時も高くつく、しかし本はイングランドゥでも合衆国でも十分よく売れた、不景気にもかかわらず、それはまさに僕の借金を払ったり、将来への差し迫た不安もなくマジョーカで暮らし書くために僕を自由にして置くのにあてがった。そのタイトゥルは標語になった、Bartlett’s Familiar Quotations(バートゥレトゥの語群引用)への僕の唯一の寄稿。

1



1月10日、去年The Quiet Americanを翻訳し始めた時と同じ日からGood-bye to All Thatを訳し始めます。文庫本で上下岩波書店から出ています。一日文庫本で1頁ずつ訳しますから2年かかります。「成田悦子の翻訳テキストとちょっとしたことhttps://naritaetuko.jpに翻訳の方針、岩波書店訳者工藤政司さんとの相違点と私の考え方などを毎日書きます。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page